フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 第16回 シングルス道 開催! | トップページ | 厚木市クラブ対抗戦 応援記1 »

2017年4月14日 (金)

武鑓コーチの充実テニス主義 (67)技術精度の目安に

皆さんは、ボレー&ボレーやショートラリーをすることがありますか?

FTCのレッスンでも、ラリーの始めや終わりなどに、ボレー&ボレーやショートラリーをします。

その様子を見ていて、「思ったように打つことができているのかな?」と、疑問に思うことがあります。

ボレー&ボレーも、ショートラリーも、ロングラリーよりはネットも相手も近いラリーですし、あまり左右に走らされることも、スピードボールが来ることも少なく、体力的に追い込まれることはあまりないラリーです(相手が「追い込んでやろう」という意志のもとに、挑んできている場合は別ですが(笑))。

そういった意味で、「簡単だ」と捉えられることが多いと感じます。

さて、そのボレー&ボレーやショートラリー、本当に思ったように打つことができますか?

自信を持って「はい」と答えられる方は、多くない筈です。

「はい」と答えられた方は、相当な実力の方か、大いなる勘違いをされている方()か、いずれかでしょう。

ボレー&ボレーも、ショートラリーも、決して簡単ではありません。

まず、ミスヒットをせず、ラリーを続けることができますか?

それは、薄氷を踏むような、思わず「入って」と祈ってしまうような、ぎりぎりの状態ではなく、少し、余裕のあるラリーですか?

また、ラリーをしている相手もあなたも、お互いに笑顔ですか(自分では余裕があっても、相手の方は、走り回り、息が上がり、眉間にシワが寄っていたり…するかもしれません(笑))?

レッスン中、見守るこちらが、打ってもいないのに、薄氷を踏む思いで、呼吸が速くなってしまうこともしばしばです。

クラスレッスンでは、厳しい現実と向き合うタイミングを測り(笑)、時折、努めて明るく、でも実は鋭く、指摘していますが…本当に、本当に本当によーく冷静に考えてみて下さい!!

ボレー&ボレーやショートラリーには、運動量、体力、(脚力、瞬発力、持久力、腕力、握力、等々)は、ほとんど関係ありません!!

ただ、
きちんとした技術を根本に置き、その精度を追わなければ、簡単そうに見えるこの2種類のラリーも、キープすることは難しいのです

ボレー&ボレーやショートラリーが余裕をもってキープできるかどうかは、ご自分の技術の精度を知る上で、わかりやすい目安と言えます。

「あれっ」「なんで」「どうして」「おかしいなぁ」の連発があると言う事は、まだまだ向上する余地が、十分残されていると言う事です。

ですから、年齢や、経験や、現在のレベルを問題にせず、前向きに、的確にトライすれば、いくらでも向上はします。

正しく理解すると言う事はとても重要で、考え方や取り組み方もわかってきます。

新年度にもなり、気分一新!!

「捉える位置」「面の状態」「体のバランス」をチェックしながら、「打点(0.004秒の感覚/タッチ)」の認識や理解を高めることを目指して、新鮮にトライしてみて下さい!!

« 第16回 シングルス道 開催! | トップページ | 厚木市クラブ対抗戦 応援記1 »

武鑓コーチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469614/70258916

この記事へのトラックバック一覧です: 武鑓コーチの充実テニス主義 (67)技術精度の目安に:

« 第16回 シングルス道 開催! | トップページ | 厚木市クラブ対抗戦 応援記1 »