フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月29日 (木)

武鑓コーチの充実テニス主義 (62)テニス理論(2)

前回のコラムで「全てのプレーヤーは、能力をオープンにし、さらけ出してプレーしていて、極意や秘伝なんて、ある筈無い」と言いました。

ボールは、ヒットした通りに飛んでいて、ラケットがボールに接するその瞬間は、0.004秒です。

0.004秒の瞬間に、ボールの行方は決まる訳です。

世界のトッププレーヤーであれ、皆さんであれ、初めてテニスをされた方であれ、ラケットがボールに接するその瞬間が0.004秒であることは、同じなのです。

「技術」と改めて言いますと、何か特別な事のように感じてしまうかもしれませんが、「基本技術」とは、全てに当てはまらなければいけない共通事項の事です。

10人のプロプレーヤーがいても、フォームも、プレースタイルも、様々でしょう。

彼らは、何を意識してプレーしていると思われますか?

ほぼ、“この辺りで、こうヒットする”としか意識していません。

0.004秒のタッチ(感覚)”を追っているのです。

マレー、ジェコビッチ、ナダル、フェデラー、錦織、あなた、共通点は、ヒットポイント(打点)しかありません。

“どの位置で”“どのような面/扱いで”“どんなバランスで”ヒットするかのみです。

ちょっとズレると、プロでもミスヒットが出ます。

1stサービスでさえ、60%でいい方です。

当然なのです。

全ては、0.004
秒の瞬間に決まってしまい、0.004秒とは、何とかしてやろうとしても、
どうにもならない程の、一瞬の時間です。

ですから、“タッチ(感覚)”と表現されるのです。

要するに、テニスの「基本技術」とは、ヒットポイント(打点/0.004秒の瞬間)の事をよく理解し、極力、その方に合ったスムーズな動きでそれを追いかけて行く事であると言えます。

ボールは、本当に、捉えた通りに正直に飛んで行きます。

丁寧に打っているつもりでも、ミスヒットになるでしょう?

一生懸命回転を掛けているつもりでも、すっぽ抜けたり、ネットにつかまったりするでしょう

軽く打っているつもりでも飛んで行ったり、必死に打っているつもりでも飛んで行かなかったりするでしょう

ヒットポイント(打点/0.004秒の瞬間)の理解ができれば、その理由もわかりますし、取り組み方も、明確になってきます。

この事は、全てのプレーヤーに共通であり、レベルの差とは、ボールを捉える精度の差のみと言えます。

出回っている技術論の多くは、特殊な場面や、個人の個性を説明したものが殆どであり、共通の理論「基本技術」とは、程遠いものばかりです。

試しても、融通が利かず、上手く行かない筈です。

オープンであると言う事は、隠しようが無く、ボールが証明してくれていると言う事です。

本当に、前向きに「基本技術」と向き合えば、ボールを捉える精度が向上し、レベルを上げることができるのです。

まだまだ説明しきれていないと感じますので、この続きは、年明け後に。

皆様、よい新年をお迎え下さい(感謝)。

2016年12月28日 (水)

年末年始休業のお知らせ

今年も、後数日を残すのみとなりましたdash

慌ただしく、年末の片づけ、新年の準備に追われていますcoldsweats01

年末年始は、12/30(金)~1/2(月)、お休みさせて頂きますconfident

年内の営業は、明日29日(木)が最後ですtennis

来年1/3(火)は、「新年特別レッスン」を開催予定sign01

打ち納め・初打ちはいかがですかsign02

コートでお待ちしておりますsign03

2016年12月27日 (火)

大掃除

今日開催予定の「ばんびカップ’16」は残念ながら、雨天中止となりましたthink

予報もころころと変化する、読み辛い雨で、選手のみなさんには集まって頂きましたが、結局コートに出ることもできず…despair

しろくまの知る限り、過去10年で、初めての雨天中止でしたrain

そこで、午後は急遽、床のワックス塗りを実施sign01

161227 床から物を全てどかして、掃き掃除、掃除機、水拭き、ワックスの順に掛けていきましたwink

大掃除が順調に進んでいる、FTC森の里 でしたup

2016年12月26日 (月)

年末年始特別価格!

しろくまの隣で、ひっそりと開催されていた「アドベント・カレンダー」xmas

16122601 クリスマスを彩る人物やアイテムが次々と出現していましたhappy01

昨日、最後のアイテム「(何を示すのかは定かではありませんがcoldsweats01)金糸につながった、キラキラshine」が出てきて、終焉となりましたconfident

16122602 メインキャストと思われる人々flair

縁あって、遠くドイツからFTCのカウンターにやってきて、今年のクリスマスを迎えましたairplane

さて、セールシューズのご案内ですsign01

16122603 ¥9,000-でもお得なセールシューズが、2016/12/24~2017/1/8ご購入の方限定で、さらに、特別価格にsign03

現在、各サイズ揃っていますので、FTC森の里・FTC YAMATO両営業所で、ぜひチェックして下さいup

在庫限りですので、ぜひお早めにwink

2016年12月22日 (木)

武鑓コーチの充実テニス主義 (61)テニス理論(1)

テニスのレッスンで、きちんとした理論に基づいて指導しているコーチが、どれ程いるでしょうか?

一見、理論がありそうな方も、本当に検証できているでしょうか?

厳しい言い方ですが、誤診や過誤が蔓延し、ともすると、まかり通っているのでは…と懸念しています。

また、プレーヤーの方も、“コーチの言う事なんて聞く耳持たず”的な方も多いのではないでしょうか。

明らかに情けないヒッティングをする“コーチ”と称する方が多いので、 仕方ないかもしれません。

趣味の領域の事で、命に関わることではないので、一般的には、さほどの問題にはならないのかもしれません。

でも、当方は、テニスにおける「主治医」としてプレーヤーをサポートしていますので、充実したテニスライフをおくれない方々がいることは、大いに問題だと考えています。

このような状況になってしまったのには、原因があります。

まず、50年程前、さらっとプロ化が始まってしまったこと。

そして、テニスブームやバブル経済に乗って、きちんとした指導理論が欠如したまま、 全国にスクールが乱立してしまったこと。

その流れのまま、明確な指導指針が打ち出せないまま進んできてしまったこと。

プレーヤーとしてキャリアがある方の、経験や個性に頼った指導が、是正無く、継続されて来てしまっていること。

等、挙げる事ができます。

コーチでさえ、何を指針としてサポートすべきか認識できていない方も多いと感じます。

コーチがそうなのですから、プレーヤーの方に、本来の面白さなど、伝わる筈もありません。

コーチからの指導を、マイナスのストレスにしてしまう事も、多いと思います。

せっかくのテニスなのに、残念ながら、充実度が低くなってしまいます。

伝える側が、テニスの事を理解していないのでは、話になりませんよね。

極意や秘伝なんて、ありません。

世界のトッププレーヤーであろうが、ビギナーであろうが、全てのプレーヤーは、 自分の持っているものを最大限活用し、さらけ出し、オープンになってパフォーマンスします。

それが魅力でもあり、面白さとも言え、充実感にもつながって行きます。

そして、技術の根幹を成す共通点は、やはり、ヒットの瞬間の0.004秒の所にしかないのです。

みんなこれを追っていて、この事は、オープン(明確)になっているのです。

基礎の基礎。

長くなりそうなので、次回で詳しく説明します。

早めにアップできるようにしますので、是非、ご期待の程(笑) 。

今、世界のトップにいる錦織君。

過去、伊達さん、沢松さん、杉山さんもトップでした。

松岡君は現在、芸能界のトップで頑張っていますが(笑)。

その割には、他の種目と比較して、テニス全般の盛り上がりは、淋しい気がします。

いいスポーツなので、その楽しさが、的確に広がるべきだと強く願うのです。

2016年12月19日 (月)

団体チャンピオントーナメント大会

厚木市団体チャンピオントーナメント大会に、FTC森の里から「森のばんびーたち」チームが参加しましたdownwardleft

16121901 参加者のみなさんhappy01

この日のFTCプレーヤーのみなさんは大忙しsweat01

幹事団体だったので、大会の運営をしながら、試合もこなしますcoldsweats01

16121902 しろくまも、本部で運営のお手伝いをしたり(お弁当、おいしかったなrestaurant)

16121903 女子ダブルスの応援をしたり(あれsign02相手チームにもFTCプレーヤーの方がいて、つい、どちらも応援してしまったしろくまsweat02)


16121904 ミックスダブルスの応援をしたりして、南毛利テニスコートで1日を過ごしましたtennis

「森のばんびーたち」チームは、残念ながら、コンソレーション2回戦で敗退weep

初日で全日程終了となりましたconfident

ご参加のみなさん、運営にご協力下さったメンバーの方、お疲れさまでしたsign03

2016年12月17日 (土)

武鑓コーチの充実テニス主義 (60)「私、失敗しないので」

「私、失敗しないので」このフレーズに、ピンときた方。

流行りのドラマをご覧になっていますね()。 

まあ、実は当方、テレビをそんなに見る方ではありませんが…(笑)。

自分の腕(技術)のみを頼りにした、フリーの女性外科医師が活躍するドラマでの、主役の決め台詞です。

視聴率を取っているようですね。

さて、FTCでは「テニスのコーチは、プレーヤーの方の主治医である」との意識で取り組んでいます。

「私、失敗しないので」と言いたいところですが(本気ですよ)テニスのサポートの場合、なかなかそうも行きません。

幾つか、ポイントがあります。

当然、外科手術はミリ以下の単位や時間との戦いで、本当に熾烈な現場だと思います。

ただ、テニスの打点も、0.004秒前後の判断が、ショットの精度に出て来るのですから、世界のスーパープレーヤー、マレーもジェコビッチも錦織も、幾らでも、ミスヒット(失敗)は出てしまうのです。

自分の思うようにヒットできる1stサービスでさえ、60%でいい方なのです。

まず、テニスがそう言った、「失敗(ミス)を全くしないことが難しい」スポーツであるという事を、認識すべきです。

もう一つ、医師のサポートの基本は「健康で生き生きと生活ができる」という事になると思います。

テニスでは、プレーに対する価値観も「とにかく楽しくプレーしたい」「勝ちたい」「ストレス発散にビシバシ、ガンガン打ちたい」「ただ黙々とプレーしたい」「憧れのフェデラーみたいにプレーしたい」等々、様々です。

では、その基本は、何になるでしょうか?

結局は、前回のコラムに挙げた、“ラリー”なのです。

綺麗なラリーができないトッププレーヤーなんていません。

出来る限り、思ったようにヒットして、ボールをコントロールできるという事を、テニスの基本としておくことです。

「ガンガン来るボールを、ビシバシは打てる」けれど、「ゆっくりなボールをきちんとヒット出来ない」なんて事は、NGです。

当方は、0.004秒のサポートを的確に行える主治医でありたいと、常々、考えています。

「私、失敗しないので」とは言えないまでも…()。

ある人が、言っていました。

「あれは、“水戸黄門”ですよ。」と。

「勧善懲悪的に、必ずハッピーエンドが約束された、ドキドキはするけど、安心して見ることができる番組」だそうです。

結局は、作られた物語ですから。

テニスは、筋書の無い、ドラマですよね(笑)。

それぞれの舞台で、最高のパフォーマンスができるよう、サポートしていきたいと思います。

2016年12月 9日 (金)

武鑓コーチの充実テニス主義 (59)ラリー

暫くアップできませんでした…。

野暮用に追いまくられて、てんてこ舞いの、まさに師走(笑)。

すみません…(苦笑)。

でも、何をしていても、テニスが頭を離れることはなく、常に「ああでもない、こうでもない」と思いを巡らせています。

テニスの面白さ、醍醐味、魅力、基本…その原点は、一体何にあると思いますか?

それは…やはりラリーです!!

「ひとつのボールを連続して打ち合う」という意味で、卓球やバドミントン、バレーボールでも、ラリーはあります。

ただ、テニスの場合、ストロークあり、ボレーあり、スマッシュあり。

その上、屋外であれば、風あり、太陽あり、バウンドの変化あり。

動きのエリアも適度に広く、
230分、きちんとラリーできれば、とてもいい運動量になります。

また、相手とのボールを通じてのコミュニケーションあり、自然とのふれあいあり。

いいラリーからは、爽快感を得る事ができます。

心地よいラリーのイメージをしただけで、やっぱりテニスはいいな…、素晴らしいな…と再確認できます。

では、「きちんとしたいいラリーとは」?

結局は、プレーヤーは、コートに立ったら、誰しも、
少しでも思った通りに打ちたいものです。

決して、運動能力や運動量、体力や腕力ではなく、「ボールをラケットでどう打つか」ということが大切なのです。

ボールは、打った通りに正直に飛んで行きます。

捉えの所の理屈や感覚を理解し、それをスムーズにとって行くよう、心掛けるだけです。

ご自分の技量やも体力、運動能力に自負のある方でも、ラリーがままならないケースも多いはずです。

ボレー&ボレーや、ショートラリー等、近い距離でさえ、クリアにヒットし続けることができる方は、稀です。

ご自分が、どう捉えているか、お分かりになりますか?

原点であるラリー「ひとつのボールを連続して打ち合う」ことを大切に、打点を取り続けることに的確にトライし、真に楽しんでもらえればと思います!!

試合、ゲーム、競技は、プラスアルファーな要素です。

ラリーを楽しんで、精度を追って行ける。

それがテニスの原点だと常々考えています。

FTCのクラスレッスンを受講されている方は「そうなんだ!」と思ったのではないでしょうか?

FTCのクラスレッスンは、「ラリーして、ラリーして、ラリーして」の90分です。

ラリーをしたい方、ぜひ、体験してみて下さい
!!

 

2016年12月 4日 (日)

秋冬ウェアセール中!

先々週、雪が降ったかsnowと思えば、今週末は、暖かな冬晴れですsun

コートでは、みなさん、汗だくでプレーされていますcoldsweats01

さて、12/1より、秋冬ウェアのセールを開催中ですsign01

161204 シックな色合いですwine

キルティングや、フリースなど、あったか素材のアウターから、はっきりとしたデザインのワンピースや、ゲームシャツまで、各種揃っていますwink

人気の「スリムフィットパンツ」などは、入荷した途端に出ていく程の売れ行きですsweat01

手に取って、試着して、気になる商品はお早めに手に入れて下さいflair

FTC YAMATOでも、開催中ですsign03

2016年12月 1日 (木)

ばんびカップ’16 開催します!

今日から、早いものでsweat01、師走ですねrun

年末恒例の、試合経験の少ないジュニア大会「ばんびカップ ’16」、今年も開催しますdownwardleft

161201 今年はどんな対戦が繰り広げられるんでしょうup楽しみですhappy02

詳細は、こちらでご確認下さいpc

初めて試合に参加する、ポイントの数え方や、サービスに不安のある小学生が、参加することができる「初挑戦の部」、優秀経験が無く、試合経験の浅い小中学生対象の「チャレンジの部」に分かれていますtennis

たくさんのご参加、お待ちしておりますconfident

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »