フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月25日 (日)

NEWラケット販売キャンペーン開催中!

以前ご紹介した「HARRIER XR-M」、販売キャンペーン開催中ですup

16092601

FTCプレーヤー限定の「ストリングサービス」「2本目割」「お友達割」、そしてFTCプレーヤーのご紹介で、割引が可能になる「ご紹介サービス」もありますsign01

少しずつ、販売本数が増えていますtennis

16092602 今日、売れていくことが決まったラケットを、ドナドナnoteで送るしろくまtaurus

充実したテニスライフを支える必須アイテムですからflair

ぜひ、試打ラケット使って、納得の打球感と出会って下さいねconfident

2016年9月21日 (水)

武鑓コーチの充実テニス主義 (58)風の影響

錦織選手、オリンピック、USオープンと、いいパフォーマンスが続いていますね。

最近では、地上波での放映も多いので、皆さんも、ゲームを見る機会が多くなっておられるでしょう。

皆さんは、風によるボールの変化をどう感じていますか?

スタジアムで、屋根が空くか閉まるか、要するに風によるちょっとした変化があるかないかが、どちらかのプレーヤーに有利に働くことが多々あります。

当方としては、とても興味がある部分です。

試合途中で屋根が閉まり、そこから「流れが変わった」と、皆さんでもわかる時があると思います。

先日まで、パラリンピックが開催されていましたね。

そして、先月はオリンピック。

日頃あまり見ることの無い様々な競技を目にして、新鮮なその記憶を通して、テニスの事を考えているところです。

卓球やバドミントンは、テニスと共通する部分が多い競技だと感じました。

日本選手もずいぶん活躍し、盛り上がりましたし、テレビ放映も多かったですね。

ただ、この2種目は、完全インドアです。

風はあってはいけない競技なんですね。

バドミントンでは、時折、空調の風が影響を与えるとして、解説でも取り上げられていました。

卓球は、あのスピードと、球の軽さで、風でもあろうものなら、もうラリーにはならないだろうなあ、と見ながら思いました。

テニスの試合は、そのほとんどがアウトドアです。

“テニスは風を感じてプレーする。自然の中で、プレーする。それも面白みの重要な要素なんだなぁ…”と、改めて感じました。

当方、レッスン中に、しきりに風の事を言います。

受講プレーヤーの方は、聞き覚えが相当あり、また、その実感もあるとは思います。

ストロークの場合、いいペースで打っていても、ちょっと風下になったことをケアできず、打点が後方に下がってしまうと、ミスヒットをしたり、強引なヒットになったりします。

構え過ぎも、打点が後ろに下がってしまう、大きな要因です。

また、風上になった場合は、ボールが飛び過ぎてしまったり、目の前で失速するボールに反応できず、取り損なったりします。

風上でも、構え過ぎが弊害となり、変化に対応できなくなります。

相当なレベルのプレーヤーでも、このような判断ミスは、多発します。

トッププロでも風に翻弄され、風下で詰まり、風上で失速するボールに泳いでしまい、いらいらしている場面を時折見かけませんか?

風や相手のヒットに文句を言っても始まらないのですが…()

皆さんも思い当たるはずです()

風下であれば、打点が後方に下がらないよう、少し前目でのヒットを心掛ける。

風上であれば、タッチの加減、扱い(回転)をよりケアする為に、やはり前で処理するイメージを明確に持っておく。

いずれの場合でも、構え過ぎは要注意です。

風による変化に対応する
事は、フォーム等は全く関係なく、ただただ、打点に対する認識を持ち、自覚をし、イメージすることのみでできることです。

風は、いつどこで吹いてくるか、変化するか、わかりません。

フォームやコースの事を、必要以上に意識し過ぎると、的確にとらえる事が疎かになるのは当然です。

打点に専念すべきなのです

よく、ミスヒットの後に「足が動いてないなぁ…、足を動かして…!!」と言い聞かせているプレーヤーやコーチがおられます。

しかし、それは正解ではありません!!

逆説的に言えば、足を動かしても、的確にヒットできるとは限りません。

打点や処理の仕方に対する意識や、イメージが無いと、反応できないのです。

目的が明確になれば、足は適度に動いてくれます。

微風、強風、横風、どこでどう吹いてくるか、変化するか、わかりません。

そういった中で、プレーを楽しむのもテニスです。

よく認識し、自分の打点や処理の仕方のイメージを、どんどんよくしていって下さい!!

自然の中で、プレーを楽しみ、パフォーマンスの向上に、トライして下さい!!

2016年9月19日 (月)

Newラケット試打会 & ダブルス練習会 開催!

雨の中…「Newラケット試打会 & ダブルス練習会」開催しましたrain

16091901 参加者のみなさんtennis

断続的に雨が降る中、新しいラケットを試打しながら、ダブルスを楽しみましたup

16091902

16091903

組み慣れているペアも、即席ペアも、声を掛け合いながら、和気あいあい、プレーしていましたwink

さて、来月は…downwardleft

16091904 「シングルス道」開催しますsign01

詳細は、こちらでチェックpc

ご参加、お待ちしておりますconfident

2016年9月12日 (月)

9/19イベントご案内!

9/19(月・祝)「prince NEWラケット試打会 & ダブルス練習会」開催しますsign03

160912 詳細はこちらでチェックpc

先日、届いた試打ラケットを使って頂きながら(もちろん、ご自分のラケットでも参加できますtennis)、ダブルスを楽しみましょうupという企画ですconfident

当日、ラケットご購入を決めた方には、もちろん、特典もご用意していますshine

ぜひ、奮ってご参加下さいsign03

2016年9月11日 (日)

プリンスエドワード島…もどき

フロントFさんと、お散歩に行きましたdownwardleft

16082 ここは…sign02

1608 もしかして、「プリンスエドワード島」sign02

なあんて、バカンス気分のしろくまですが、実は、FTC森の里に隣接する「神奈川県立 七沢森林公園」なのでしたbleah

“ちょっとそこまで”で、こんな風景が楽しめる、森の里ですconfident

「夏も終わりだなあ…shine」と空を見上げるしろくまでしたwink

2016年9月 8日 (木)

Newラケット試打到着♪

9月発売、プリンス「HARRIER PRO 100 XR-M」の試打ラケット、到着しましたup

16090401 向かって左から「265g」「280g」「300g」ですwink

フレームのデザインと外側のカラーはブラックで、他のテキストリームシリーズと同じですが、内側の冴えたブルーが、今までに無いカラーで、印象的ですspade

16090402 デザインは全く同じなので、グリップ上に、重さのシールが貼ってありますflair

各重さで、バランスポイントが違い、ストリングが通るグロメットにも新しい技術が搭載され、より操作性の高い、「ハイパワーでありながら、スピン性を兼ね備えた」ハイスペックなラケットになっているそうですgood

この秋、プリンスからは、フェイスの大きさが100インチのラケットが、今回の3本を含め、11月にもさらに2本、合計5本、発売になりますtennis

同じ大きさでも、それぞれに特徴あるラケットですので、ご自分の感覚にマッチするラケットと運命の出会いがあるかもsign02しれませんから、ぜひ、試打してみて下さいconfident

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »