フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 東レ パンパシフィックテニス 招待券 | トップページ | 本日よりNewボールですが… »

2016年8月21日 (日)

武鑓コーチの充実テニス主義 (57)技術の基本とその確認

忙しさと、オリンピック観戦で(笑)、暫く空いてしまいました。

レッスンの中で、ボールをとらえるタッチ(感覚)のみを追う事にトライし、それを楽しむように言い続けています。

今更ながらでありますが、やはり、技術において、最も神経を使って気を付けるべき点は、ボールをヒットする“位置”です。

基本の最優先なのですが、まだまだ結構安易に捉えている方が多いと感じます。

皆さんは、各ショット、ご自分がどの位置でヒットしているか、真に自覚できておられますか?

また、どの位置でヒットすべきであるか、認識できておられますか?

適切な位置でヒットしていれば、ある程度、コントロールはまとまります。

思ったところにボールを打つことができ、ラリーを続けることを目標としているなら、心地よいラリーを続けることができます。

ボレー&ボレーや、ショートラリーの際にも、体の前の方で取っていれば、余裕があります。

ちょっと後ろで打っただけで、すぐ余裕が無くなります。

ロングラリーにおいても、同様です。

ヒットする位置が、2~30㎝程度異なっただけで、コントロールは、大きく左右されます。

ボールの直径は、約6㎝位ですから、2~30㎝とは、ボール3~4個分です。

いいペースで打っておられても、相手の方のショットや風の影響で、ボールがすっと伸びて来たりすると、すぐ差し込まれ、打つ位置が後ろになってしまい、たちまち、思ったようにヒットできなくなります。

伸びて来ていなくても、ご自分が、構え過ぎたり、固くなったりして、ボールを呼び込んでしまい、後ろの方で打たざるを得なくなることもあります。

逆に、相手のボールが失速すると、途端に対応(反応)できなくなり、泳いだり、崩れたり、取れなかったりします。

プレーヤーの方が、ボールを“適切な位置でヒットする”に、どの程度、神経を使えるかで、コントロールの精度は左右されるのです。

この、基本である、“適切な位置でヒットする”を追う事のみに集中してほしいと思います。

よく「どうやったら、いい位置で取れますか?」と質問されます。

ボールをヒットする位置の認識・
把握は、ボールを打ちながら覚えるしかありません。

それが、練習でもあります。

位置がわからなければ、コーチに確認してみて下さい。

FTCのコーチは、的確にチェックできます。

そして、確認したら、常にケアして下さい。 

シンプルに、“ボールをヒットする位置”を追うのみです。

「そんなこと、わかってる」と思った方。

「テイクバックを早く」も、「後ろ足を止めて、膝を曲げて」も、「当たる瞬間に握りしめる」も、「肩まで振りぬく」も、
適切な位置でヒットする”以外のことです。

構えやフォームや狙いやスピードに囚われ過ぎると、
ヒットする位置への集中は削がれてしまいます。

また、“位置”を追うには、動きが柔軟でなくてはなりません。

ボールは、常に変化するものですから。

他の事に神経が行き過ぎると、動きは硬くなります。

そうなると、位置は追い辛くなります。

効率よくコントロールし易い位置がありますから、常に基本を大切に、それを取る事に神経を使ってみて下さい

ボール2~3個分で、大きく左右されますから、徹底して神経を使うべきです

体力より、神経です!!

前述したように、他に囚われ過ぎると、まず位置を取り損なってしまいます。

2~30㎝、言葉では簡単ですが、ショートでも、色々なボールを一定の位置でヒットする事は、大変です。

レッスンをしていて、ショートラリーが荒れていると感じることは少なくありません。

そのまま、ロングラリーになると、後は体力や、運動能力で(ご自分だけでなく、相手の分もかなり頼りにしながら…)ねじふせ、コントロールできているように思っている方も多々見かけます。

技術の基本は、ヒットする位置です。

常に、基本に立ち返り、確認してみて下さい。

位置がまとまると、相当レベルでまとまりますから、トライすべきです!!

使うのは、体力ではなく、神経です()!!

« 東レ パンパシフィックテニス 招待券 | トップページ | 本日よりNewボールですが… »

武鑓コーチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469614/67112076

この記事へのトラックバック一覧です: 武鑓コーチの充実テニス主義 (57)技術の基本とその確認:

« 東レ パンパシフィックテニス 招待券 | トップページ | 本日よりNewボールですが… »