フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 武鑓コーチの充実テニス主義 (54)イメージ、そして感覚が重要 その② | トップページ | 梅雨空 »

2016年6月16日 (木)

武鑓コーチの充実テニス主義 (55)イメージ、そして感覚が重要 その③

イメージや感覚に関して、更に突っ込んで述べておきます(笑)。

“この辺りでこんな感じで打とう”と言った意識で、ボールに対処しているプレーヤーは、本当に、自然に動いています。

体が勝手に動くのです。

「この辺り」「こんな感じ」のイメージを適切に、そして明確に、持っているプレーヤーは、そつなくスムーズに動くことができます。

適度なステップワークを使うことができ、バランスも崩れません。

「普通のボールは打てるのですが、高いボールや低いボール、足元やワイドのボールは、どうやって打つのでしょうか…?」とよく質問されます。

実は、こういう疑問を持つ方は、ご本人が「ちゃんと打つことができている」と思っている普通のボールでも、余裕なく、必死に打っているケースがほとんどです。

ご本人が「できている」と思っている状態が、
取り方もバランスも崩れていたり、崩れそうな不安のある状態で、ミスが出るギリギリのところで打っているということです。

的確なイメージに基づいてヒットできていないからです。

そこで一杯々々ですから、当然、特殊なケースには対応できません。

また、変化するボールへのイメージが出来ていないケースもあります。

先ほど“この辺りでこんな感じで打つ”と言ったイメージが出来れば、動きが伴うと言いました。

体力的には、凄く厳しい、速くて角度のついたショットを、本能的に追いかけて、上手く打ち返すのを、よく目にします。

この時は、厳しいボールであったけれど、そのプレーヤーには「イメージがあった」と言う事なのです。

ただ、大きな違いは「イメージがある。イメージを追っている」という事に対して、意識があるかどうかです。

イメージがプレーヤーを動かしています。

イメージではなく、形に偏ると、必ずスムーズさを失います。

距離の短い、ショートラリーやボレー&ボレーで、ラリーをつなげることはできるけれど、一杯々々になっていませんか?

その状態では、変化のあるラリーは難しいのです。

また、感覚についてですが、プレーヤーの方は、打った瞬間に、感覚の善し悪しを感じ取っています。

まずまずヒットできたか、ミスヒットになってしまったか、一瞬で感じ取っています。

ライン際のショットであっても、打った瞬間、その可否を、何となく感じ取っているはずです。

皆さん、感覚を持ち合わせているのです。

それを大切にし、楽しめばいいのです。

物凄い勢いの1stサーブのフォールトを、すっと合わせてネットポスト辺りにさりげなく転がす感覚があるのに、緩い2ndサーブを、ドッカーンとフェンス直撃なんてケース、よくありますよね。

感覚を大切にすればいいのになぁ…と思いつつ、とても興味深いものだと、当方は、チェックを入れています(笑)。

考え方や発想を転換してみると、やるべきことが具体的に見えて来たり、面白さが更に深くなったりします。

3回に渡って(しつこく…笑)、ぜひ伝えておきたい「イメージ」や「感覚」について綴ってみました。

ぜひコートで、トライしてみて下さい
!!

そして、実践を試みたい方は、当方のレッスンで、熱くチェックされてみませんか?

« 武鑓コーチの充実テニス主義 (54)イメージ、そして感覚が重要 その② | トップページ | 梅雨空 »

武鑓コーチ」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。
球種や球道によって、打ち方を変えるなんて事は出来ないでしょう…。
変化に幻惑されているだけです。
ご自分が、ボールをコントロールしやすい最適な状態があります。
特に、ヒットする位置が重要ですが、その状態でとらえる事が出来れば、
ボールを自分のものにする事が出来ます。
幻惑されず、チェックしてみて下さい!!
また、グリグリの方も、必ずブレや崩れはあります。
そういった観点からチェックすると見えてきます。
それが無い方は、相当な実力者です。
頑張って、トライして下さい!!

3回にわたる「感覚」のお話を興味深く拝読しました。
最近若いプレーヤーと試合をすると(おそらくR.ナダル選手に影響された)グリグリのスピンボールに悩まされますが
そうしたボールの処理に焦点を当てる前に、まず普通のボールを「普通に」捉えられているかが重要なんだと感じた次第です。
とはいえ、現実的に「特殊なボール」で押し切られて崩れてしまうので、この点、我が身は精進が足りないなとも思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469614/66031390

この記事へのトラックバック一覧です: 武鑓コーチの充実テニス主義 (55)イメージ、そして感覚が重要 その③:

« 武鑓コーチの充実テニス主義 (54)イメージ、そして感覚が重要 その② | トップページ | 梅雨空 »