フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 第10回 シングルス道開催! | トップページ | NEWボール! NEWシューズ! »

2015年9月25日 (金)

武鑓コーチの充実テニス主義 (41)是非 発想の転換を!

「足が動いていない」「膝が曲がっていない」「腰が落ちていない」「構えが遅い」「ボールを見てない」「狙って」「ひきつけて」「振り切って」「グッと握って」…コートで、ネット上で、雑誌で、その他のメディアで、よく耳にする、目にする、つぶやき、嘆き、叫び、アドバイスです。

コート上での様子から、どれだけ熱心に取り組んでいるかが伺えますし、雑誌でも、繰り返し唱えられていて、その注目度は高いと感じます。

しかし。

これらを実践して、本当に、イメージしたようなショットが打てるのでしょうか…?

イメージしたようなプレーができるのでしょうか…?

明確に、且、大胆にお答えしますが、答えはNOです。

発想の転換を、切にお勧めします。

長年、熱心に、諸々にトライされていても、なかなか思ったようなプレーはできていないはずです。

形や外観では無いのです。

大切なのはヒットする瞬間なのです。

その瞬間で、全てが決まっているのです。

まず、それを理解する事が必要です!!

理解すれば、考え方が変わり、取り組み方が変わります。

的確な取り組み方で、ボールを打つことが大切なのです。

何でもそう言った面はありますが、習慣の問題です。

的確な習慣の積み重ねが大切です。

不的確な習慣はリスクになり、その積み重ねは、リスクをどんどん増幅させていきます。

大袈裟な事ではありません。

でも、まるでテニスの常識と言わんばかりに、あちこちで「早く構えろ」「引き付けろ」「足を動かせ」と耳に、目にしますよね。

それは、少し(30年程?)前までは「運動選手は水分を我慢しなさい(他にもいろいろありましたよね。私も従っていた1人ですから(笑))」と言われていたことと同じです。

今では、全くナンセンスな事となっていますね。

あれは一体何だったんだろう?…です。

もし、まだ「運動選手は水分を極力我慢する」が、当たり前だと信じて実践されていたとしたら、恐ろしいと思います。

技術論は進化していくものなのだと考えます。

ただ、これも問題だと感じていますが、トッププロも含め、相当お上手そうな方も、厳しい(リスクのある)取り組み、悪習慣を積み上げている方は、大勢おられます。

気休めになるかどうか(気休めなど求めず、前に進んで頂きたいと願っていますが)…形にとらわれているプレーヤーが多いのが現状です。

どうか、悪習慣を断ち切り、良い習慣を手に入れるべく、
トライして頂きたいものです。

ボールは、ヒットした通りに正直に飛んでいきます。

それを大切にするのみです。

これは、リスクを伴いません。

発想の転換を、是非是非、お勧めします!!

« 第10回 シングルス道開催! | トップページ | NEWボール! NEWシューズ! »

武鑓コーチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469614/61766307

この記事へのトラックバック一覧です: 武鑓コーチの充実テニス主義 (41)是非 発想の転換を!:

« 第10回 シングルス道開催! | トップページ | NEWボール! NEWシューズ! »