フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 節分 | トップページ | おまじない »

2015年1月30日 (金)

武鑓コーチの充実テニス主義 (28)バランス

また、基本からの話になりますが…ボールとストリングの接触時間は1000分の4秒前後であり、その瞬間に、ボールの飛びは決まります。

誰しも、コントロールしたいのであり、それを決定する要素は、

①打つ位置

②面の状態
(回転)

③体のバランス

加えるとすれば、 

④経験

となります。

レッスンを続けていて、①②への意識は、相当浸透してきていると感じます。

その上で③です。

③に関し、特に左(ラケットを持っていない方の腕・手です。左利きの方は右と考えて下さい)の役割が重要です。

しかも、フォアサイドやスマッシュにおいては、その重要性が
顕著にあらわれます。

左の動きを見ていると、スムーズに、クリアに、ヒットできるかどうか、だいたい察しがつくと言っても過言ではないくらいです。

左右の感覚は連携しています。

歩いたり走ったりする際、自然に腕を振ります。

運転では、ハンドルを左右で操作します。

人は、左右でバランスを取っているのです。

左が不自然な動きをしたり、全く活用されていなかったりすると、必ずバランスの崩れが発生します。

その結果、右のみで操作したり(いじったり)、強引に打ったり、負担を増大したり、となるのです。

そんなアンバランスが、1000分の4秒に影響しないはずがありません。

大まかなヒントとしては、フォアストロークでは、フォロースルーでラケットを左で持てる位。

フォアボレーでは、前に倣えをする位。

スマッシュでは、さっと軽く万歳をする位。

これらが目安にはなりますが、どうぞFTCのレッスンで、トライしてみて下さい()

左も使われたいと思っています。

右も左を使うと、さらに働きが良くなります。

錦織君の活躍もあって、テニスを見る機会も増えている事と思います。

打点もそうですが、左の使い方をよく観察してみて下さい。

きっとわかりますよ!!

« 節分 | トップページ | おまじない »

武鑓コーチ」カテゴリの記事

コメント

ゆうまさん コメントありがとうございました。 返信が遅くなり、申し訳ありません。
どのショットもですが、最も重要なのは、打つ位置です。コントロールし易い位置があります。
フォアストロークの場合も、的確な位置でスムーズにヒットできれば、フォロースルーは、自然に左に納まって行きます。
左でキープするような感覚を持つ事の、重要なポイントは、右の納まり所がはっきりする事で、右のスイングが整い易い点です。
フォアサイドの場合、右が自由に動き過ぎる点が、ムラや乱れの要因になります。
慣れない方は、窮屈を感じるかもしれませんが、ストロークの場合、打つ位置は気を付けた上で、フォローで左に納まる感じでヒットしていれば、バランスもスイングも落ち着いてくると言う事です。
ヒット感やバランスに安定感が出れば、後は、自然に自由に動きのままでいいはずです。
右の腕力に頼り過ぎている方や、打つ位置が不安定な方は、フォローを左でもち辛いはずです。
安定度や精度のバロメーターとも言えます。
プレーヤー共通で、打点やバランスが取れている方は、自覚の有無にかかわらず、必ず出来ます。
力や頑張りでなく、スムーズにヒットする事が、常にテーマです。
打つ位置を気を付けた上で、左の活用と言う事を、トライしてみて下さい。
判断が難しければ、どうぞ、FTCのPLを受けてみて下さい…‼

「フォアストロークでは、フォロースルーでラケットを左で持てる位」というところを詳しく教えていただきたいです。

まず、原因と結果について、
「フォロースルーの行く先に左手を持っていくようにすると、その結果として、バランスが取れる」のでしょうか。
「バランスの取れた動きをした、その結果として、フォロースルーの行く先に左手がある」のでしょうか。

また、左手がフォロースルーを持つ位置について、
「体の前でラケットの軌道を止めるように持つ」のでしょうか。
「体の左側までラケットが回り込んできたところで持つ」のでしょうか。

さらに、「左手で持てる位」という表現について、
「フォロースルーを左手で持つ(つかまえる?)ことに、必ずしもこだわる必要はない(持とうと思えば持てるけど持たなくてもいい)」のでしょうか。
「バランスを取ることにつながるのだから、左手で持つことにこだわるべき」なのでしょうか。
あるいは、「プレイヤーによって異なる」というところで、スイングスピードが速いか遅いか、筋力が強いか弱いかなどの要素で変わってくるものなのでしょうか。

質問をしながら混乱してきた感じもしますが、お答えくだされば幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469614/58758922

この記事へのトラックバック一覧です: 武鑓コーチの充実テニス主義 (28)バランス:

« 節分 | トップページ | おまじない »