フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月27日 (木)

武鑓コーチの充実テニス主義 (26)改めて、1000分の4秒とは

改めて、言わせて頂きます!

ボールとガットが接触している時間は、だいたい1000分の4秒前後なのです。

ソフトに打って1000分の6秒。

ハードに打って
1000分の2秒。

そんな感じなのです。

対して、人間の反応時間は、だいたい
0.4秒前後。

即ち、
1000分の400秒前後なのです。

要するに、ボールを打つ際、“何とかしてやろう”としても、何とかなるような時間ではないという事です。

プレーヤーは“だいたいこんな感じだろう”と、感覚で打っています。

何とか出来ているように思うのは、錯覚であり、誤解です。

その証拠に、厳しいショットを繰り返し打ち続ける事は、難しいはずです。

“私は出来る!”と思った方。

残念ながら、それは、錯覚であり、誤解です。

もしそれが出来るなら、プロプレーヤーは、全てオンライン、全てエースで決まっても
おかしくありません。

そうはなっていませんよね。

出来る、出来そうに思っている方は、体を駆使して、手先を駆使して、体力を活用して、一生懸命打点をいじっているのです。

ボール出しのボールだったりすると、何とか出来ているように錯覚することがあります。

でも、いざ、活きたボールやゲームになると、打点の乱れや、体の緊張、バランスの崩れ、飛んでくるボールの変化、等々で、すぐ空中分解してしまいます。

何とかしようとする事は、危険なのです。

何とかなりません。

「これぐらいの感じで打てているなぁ~」という感じが大切です。

タッチ(touch/感覚)なのです。

そのタッチは、1000分の4秒は、何で左右されるかと言えば、「打つ位置」「面の状態」「体のバランス(スムーズさ)」の相互の関係です。

ですから、“感覚”と言っても、明確な裏付けがあります。

ある段階までは、体力に物を言わせたり、捻じ込んだりのショットでも通用するかもしれませんし、それも能力の一つです。

しかし、技術的には前述の打つ位置」「面の状態」「体のバランス(スムーズさ)」、3つの要素が極めて大切であり、その精度を追う事を迫られているのです。

ただし。

全く難しくはありません。

皆さん、感覚を持っているからです。

例えば「フォールトのボールを、ネットポストの辺りに、コロコロと転がす」ことができるのは、感覚の成せる技です。

発想の転換です。

シンプルにトライして下さい。

1000分の4秒、感覚ですから、何かをしようとする事、「早く引いて」「しっかり構えて」「腰を落として」「膝を曲げて」「グッと握って」「よくボールを見て」「大きく振って」「下から上に」等々、危険です!

ダメよ~ダメダメ… 
()

2014年11月23日 (日)

年内イベントのお知らせ♪

日に日に寒さが増しますこの頃、いかがお過ごしでしょうかsnow

これから12月にかけてのイベントのお知らせですnote

FTC森の里
11/30(日) 親睦ごちゃまぜチーム戦 with prince

12/23(火・祝) ぱんびカップ ’14

12/29(月) 第7回 文コーチの シングルス道

FTC YAMATO
12/23(火・祝) 1day 中級MIXダブルスリーグ

詳細は こちら をチェックsign03
141123 掲示版やドアにも注目ですeye

2014年11月19日 (水)

武鑓コーチの充実テニス主義 (25)ためる・ひきつける

「ためる」「ひきつける」。

これは非常に重要な点です。

よく「ためて打て‼」とか、「ひきつけて打て‼」とか耳にします。

しかし、この「ためる」「ひきつける」を、的確に理解し、説明ができ、模範が出来る方は、非常に少ないのが現状です。

一般の方はともかく、指導者(コーチ)の方でも、ほとんどいないですし、トップクラスの方でも、的確に認識されている方は、多くありません。

大問題です‼

この「ためる」「ひきつける」の認識違いは、テニスを「理解する」「楽しむ」上で、根本的な違いとなるからです。

全く逆の事になってしまうのです。

直ぐにでも、認識をチェックしてもらいたいと考えます。

日本語で「ためる」「ひきつける」と言われると、テニスにおいては、ほとんどが、打点をできる限り“後ろ(体に近い位置)”にして、ガツンと打つようなイメージになってしまうと思います。

一見、手応えと言い、パワフルさと言い、いいショットが打てているように思えるかもしれません。

しかし、正確さはどうでしょうか? 

体力の消耗度はどうでしょうか?

厳しいはずです。

私の考える「ためる」「ひきつける」の認識は、“前”にあります。

鉄砲や弓矢をイメージしてみて下さい。

ターゲットに向かって狙いを定める。

飽くまでも、ターゲットはスーッと前にあるはずです。

息を呑むように、目標に焦点を合わせる。

狙いを定める。

その焦点や狙いを定める感覚が、テニスにおいては打点をとる事なのです。

最適な打点でとらえる事が出来れば、そこからどこへでもコントロールできます。

自分からスーッと打点を取りに行き、ピタッととらえられれば、コントロールできるのです。

鉄砲や弓矢を、まさに放つ瞬間のロックオンした状態、最適な打点をとらえた瞬間こそが、「ためる」「ひきつける」だと考えます。

これが解ると、テニスが理解できますし、的確に楽しめ、トライでき、充実度が増します。

後ろ(体に近い位置)で尚且つガツンなんて打っていると、相当な確率で、ボールはとんでもない方向に飛んで行き、消耗の激しい状態に陥って行きます。

是非是非、認識をチェックして、真にテニスを楽しんでいきませんか。

2014年11月15日 (土)

Newラケット試打到着♪

11/22発売のNewラケット「テキストリームシリーズ」の試打ラケット、到着しましたup

141115 右から「ハリアー104XR-J」「ハリアー100XR-J」「エンブレム120XR」、2015年1月発売の「ツアープロ100T XR」ですtennis

武C・文Cも打ってみて「これはいいflair」と好感触のシリーズですwink

ぜひ、お試し下さいsign03

2014年11月 9日 (日)

勝利宣言!

ついこの間まで、どんなにラジオが音を出していようとしろくまが見張っていても、窓の近くで文Cがストリングを張っていようともdownwardleft

14110903  まずはフェンスの上で様子をうかがいeye


14110902  次に車の後ろまで忍び寄りscissors


14110901 目的地到達up

と、車(特に文Cの車のご執心でしたcarきっとジョウビタキさんは「無口なのにどっしりとした存在感」にホレていたと確信しているしろくまですwink)にまとわりついていたのですが…chick
つい一昨日あたりから、声はしますが、車のまわりでは姿を見掛けなくなりましたconfident

ジョウビタキとのナワバリ争い、今年も勝利宣言ですcrown

「細身で、左のお腹に白いぶちがあるのが“ぴぃ助”、大柄でお腹の色が濃いのが“ぴぃ吉”」と、観察しているうちに、見分けがつくようになってしまったしろくまは、ちょっぴり淋しいのでしたbleah

14110904 ぴぃ助、来ないかなsmile

2014年11月 6日 (木)

武鑓コーチの充実テニス主義 (24)ボレー

この所、“ボレーが難しいんだなぁ…”“難しくしてしまっているんだけどなぁ…”とつくづく感じます。

例えば、ボレー&ボレーは、運動量や筋力に、ほぼ関係ありません。

1000分の4秒の感覚を、前で「スッ」と取れればいいだけです。

プレーヤー自身、ヒットする際、「グッ(握りしめている)」とか「クッ(面を変えている)」とやっているか、「スッ(前で力に頼らず面の変化無く)」と取れているかも、感覚として、わかっているはずです。

この“感覚”、即ち“感触/タッチ(touch)”が、象徴/証明しているのですが、その一瞬は1000分の4秒です。

その一瞬に対し、何かしようとする事は、全てリスクになります。

1000分の4秒、同じように何かをしようとするのは、絶対に不可能 なのです。

一見、ビシッバシッと激しく打てているようであっても、コントロールできているとは言えないショットは数多くあります。

そういったショットは、プレーヤー本人も、リスクが高い事にある程度自覚があり、緊張度の高い場面では、殆ど使い物にならないのが実情でしょう。

人の感覚とは驚くべき物/優れた物で、打った瞬間に、そのショットの良し悪しを感じ取っています。

僅かにアウトとなるようなボールでも、打った本人は、大体感じ取っているのです。

これは特殊な事では無く、全てのプレーヤーの方には、その感覚は備わっているのです。

要は“どのような事を基本として認識しているか?”です。

どのような感触/感覚でヒットするか、何を基本の感覚として良しとするか、なのです。

的確な位置とバランスで、ガット(ラケット面)を横に使うように、「スッ」と一定にヒット出来るのが、基本として追うべき感覚です。

飽くまで感触/感覚です。

わずかに、1000
分の4秒なのですから。

この事をしっかり認識してトライすれば、基本は極めてシンプルなのです。そうでなければ、1000分の4秒ですから、すぐ乱れが生じて当たり前です。

過去にやってきた事、教わった事、何かしようとする事、それらが1000分の4秒の感覚を乱すのは、当り前なのです。

他の事(グッと握る、ラケットを立てる、切るように打つ、深く打つ等々)は、アレンジの範疇です。

本来、ネットに近くなればなるほど、繊細さや精度が要求されます。

確かに難しいのです。

しかし、自ら難しくしているケースが大変多いのが現状です。

基本の感覚 に対する認識を高め、的確にトライしてもらいたいものです。

運動量や体力ではありません。

ですから、精度は必ず向上します‼

 

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »