フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

ナワバリ争い’14

クラブハウス前で、プレーヤーのみなさんが足を止め、聞こえてくる音に、首をかしげていますear

心配して下さる方もしますが、車のオーディオが点けっぱなしになっている訳ではありませんcar

あの音は…downwardleft

14103101 ラジオなんですflair

今年も、ジョウビタキとのナワバリ争いの季節がやってきましたchick

その姿も、鳴き声も、かわいいんですけどね…despair

車へのフン害がすごいんですよ…wobbly

なので、今年もラジオで「人間のいる感じ」を演出中なんですdownwardleft

14103102 2台とも乗せていますwink

今日の武Cの選局は「AFNcoldsweats02

時々わかる単語「ネクストウィークって言った~sign01」「スリーデイズって聞こえた~up」「えっ、FTCが出てきたsign02」と、ソラミミも含め、楽しんでいるしろくまでしたconfident

2014年10月30日 (木)

対抗戦 開催しました!

第10回 VS ジュエインドアテニススクール対抗戦 開催しましたsign01

お天気に恵まれてsun

ジュエチームは7ペア、FTC森の里は5ペアで、じっくりダブルスをしましたtennis

14102902
今回も18勝9敗で、FTC森の里の勝利crown

参加者のみなさんですdownwardleft

14102901 今回のウェアは「グリーンclover」対「モノトーンtaurus

FTC森の里チームメンバー内では「モノトーン以外のどのカラーだったら、チームウェアにできるのかtulipbananapenguin」ということも話題に上がっていましたから、次回はモノトーンから卒業できるかもsign02

文Cより「基本の技術力があり、テニスを通してのコミュニケーションが取れるプレーヤーは、初めて組んだペアとでも、ダブルスができます。もちろん、ある程度の約束事はありますが、パターン化したフォーメーションや、小手先でのコース変更などより、技術を磨くこと、それによってさらにコミュニケーション能力が上がることが“強いダブルス”への近道だと実感しました。競ったゲームも多々あり、見ている私も勉強になる一日でした」とのことですconfident

ご参加のみなさん、お疲れさまでしたup

2014年10月26日 (日)

冬支度

クラブハウスの裏山から「ピィッピィッピィッ」と聞き覚えのある、よく響く高い鳥の声がchick

あの声は「ジョウビタキ」sign03

あの声が聞こえてきたからには、冬支度を整えなくてはなりませんdashsweat01

クラブハウスの大きな窓からの強烈な日差しを避ける為の、大量のすだれをdownwardleft

14102601 補修して、拭いて、干して、くくって、ビニールに入れてしまいましたhappy01

耳に涼を運んでくれた「FTC風鈴」も、外しましたwink

14102602 今年もお疲れさまconfident

通りかかった鹿も…downwardleft

14102603 いつの間にか、黒っぽい冬毛になっていましたeye

しろくまは、こんがり焼けたホットケーキのような色の、夏毛の鹿さんが好きですangry

そんなこと言っても仕方ないのですが…despair

FTC森の里は、少しずつ冬に近付いていますsnow

2014年10月23日 (木)

武鑓コーチの充実テニス主義 (23)能崎コーチの退社にあたり

皆さん同様ですが、生きて行く上で、様々な転機はあります。

諸々の条件や環境の中で、少しでも充実度が高くありたいと思うものです。

今回、能崎コーチや当方の判断も、そう言った意味での事であります。

“充実テニス主義”(FTC)を掲げて10年余、“プレーヤーの方の主治医的な自覚を持って”と、共に取り組んで来たのですから、双方共に、大きな判断があったのは事実です。

特に、彼は、前身の運営会社当時より、子供の頃から当該施設でプレーに取り組み、それからコーチとなったので、当時からご存じの方も多くおられる事と思います。

そのような方々や、担当させて頂いているプレーヤーの皆様には、当惑される点もあるかとは思いますが、諸々を察して頂き、ご理解を賜ればと思います。

当方は、力量不足を痛感/猛省しております。

能崎コーチも、区切り迄しっかり対応してくれると思いますし、鎌田、禰津、当方、共々、初心に戻るつもりで、最善を尽くして対応して参りますので、ご理解とご協力の程、宜しくお願いしたく思います。

充実度が高まる事に、トライして行きたいものです。

2014年10月22日 (水)

能崎コーチ退社のお知らせ

能崎コーチ(11月末日付)退社、及びシフト変更のお知らせ

FTC代表 武鑓 正芳

この度、急ではありますが、YAMATO/アヤセ責任者、能崎コーチが、一身上の都合により、11月末日付をもって、退社する事となりました。

それに伴い、11月度中に引継の対応を行い、12月度より、新たなシフトに移行させて頂きます。

能崎コーチ担当のプレーヤーの皆様には、特にご不便をお掛け致しますが、引継等、最善を尽くして参りますので、ご理解の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

主に鎌田コーチに引継いでもらい、禰津コーチと当方がフォローして参ります。

既存クラスや時間帯等で、ご相談に乗って頂くような事も、若干生じるかもしれませんが、ご理解とご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

アヤセにおきましては、11月末日にて、FTCとしてのサポートを、終了せざるを得ません。

後任の検討も行い、随時状況をご連絡致しますが、クラブ会員への移行や、YAMATOでの受講等も、検討して頂ければとは思います。

長らく共に取り組んできたスタッフとの方向転換は、大きなダメージであります。

一方、其々に、様々な段階や判断があり、少しでもいい方向に…と思う点は、全てに通じる事でもあります。

能崎コーチもFTCも、最善を尽くして対応して参りますので、ご理解とご協力の程、重ね々々、宜しくお願い申し上げます。

2014年10月19日 (日)

秋のイベント♪

FTC 森の里・YAMATO、秋のイベントをご案内しますmaple

tennis YAMATO tennis

flag11/03(月・祝) FTC 1day 初級女子ダブルス

flag11/24(月・祝) FTC 1day 中級男子ダブルス

tennis 森の里 tennis

flag 11/30(日) FTC 親睦ごちゃまぜチーム戦 with prince

upwardright森の里でのこちらのイベントは、11月発売のプリンスの新ラケット「テキストリーム」シリーズの試打会を兼ねていますflair

各イベントの詳細はこちらでチェックpc

たくさんのご参加、お待ちしておりますup

2014年10月17日 (金)

秋晴れですが…

空が輝くような、秋晴れですsun

14101701 ぴかーんshine

スロープ左の築山も、ススキが見ごろhappy01
14101702 ここは、箱根sign02

クラブハウス入口左にもウェルカム・ススキnote

14101703 森林公園からの“借景(ちょっと意味違うかcoldsweats01)”ですがsmile

そして、朝の冷え込みも厳しくなってきましたが…wobbly

コートではdownwardleft

14101704 おや、パラソルsprinkle

そうなんですsign01日中の暑さは夏のようで、山からはセミの声が…sweat01

12時コート上の気温はdownwardleft

14101705 50℃sign02さすがにそれは無いと思うケド…sweat02
温度計もついていけない程の、寒暖の差なのでしたconfident

秋晴れの下、テニスはいかがですかtennistennis

2014年10月11日 (土)

深まる秋

台風がやって来て、去って行き、またやって来る予報にひやひやしているしろくまですwobbly

そして、今年も秋の風物詩maple

141009 カマキリ VS しろくまsmile

また今年も、文Cがとっても熱心にbleah、各コートを回ってカマキリさん達をコート外へ救出していますが…coldsweats02
目を離したすきに、カラスにかっさらわれてしまうことも度々あるのだそうですshock

クワバラクワバラbearing

2014年10月 9日 (木)

ラケット試打感想

昨日の「princeラケット試打会」感想ですconfident

まず、武Cから
「先日発売になったシューズ(DPSZC10DPSZA10)同様、今回のラケットも、力のこもった“テニス用品”に仕上がっていると感じましたup
多少値の張る感は否めませんがcoldsweats01、それだけの価値のある、しっかりと作り上げられたラケットですgood
私も来年1月にラケットを変える予定ですtennis

そして文C
「O3形状+エクストリームのパワフルなボールの飛び、ここ数機種で復活している“穴なし”フレーム+エクストリームのクリアな打感sign01
フレームの大きさも95~120平方インチと、幅広いプレーヤーに対応できるラインナップが揃っていますflair
ぜひ、全機種試打してみてほしい、それぞれ魅力のある、ラケット達ですwink
私もラケット変更予定ですが、実は迷っていますsmile

11月下旬には試打ラケットが期間限定ですが、入荷予定ですshine
ぜひその魅力に、触れてみて下さいsign03

2014年10月 8日 (水)

princeラケット試打会

2014年11月末・2015年1月発売予定になっています、princeのNewラケット試打会が、7日高輪テニスセンターで開催されましたtennis

14100802 会場の様子ですwink

14100801_2 おやsign02見覚えのあるシルエットですなsmile

今回は、武C・文Cが参加して、NEWラケットをじっくり試打してきましたflair

新しいラケットの特徴は、スウェーデンの会社で開発された、F1のレーシングカーや高機能バイク、アメリカズカップのヨットなどに使用されている「テキストリームカーボン」を採用したことup

「圧倒のスピード!鋭い打球音とクリアな打球感をモジュールしたテキストリームがスピード革命をもたらす!!」とカタログにはありますsign01

テキストリームの詳細はこちらshine

2014年11月末発売はこの3本downwardleft

HARRIER 100XR-J「テキストリーム+EXO3のスウィートエリア。300gで操作性アップ。スピードボールを可能にしたハイパワーモデル」

HARRIER 104XR-J「テキストリーム+EXO3のスウィートエリア。280gで操作性とクリアな打球感のハイパワーモデル」

EMBLEM 120XR「テキストリーム+Xモーフフレーム採用。クリアな打球感と弾き感。244gの超軽量モデル」

2015年1月発売はこちらdownwardleft

TOUR PRO 95XR「テキストリームのフラッグシップモデル。強靭なフレームが生み出すスピードとコントロールを両立させた最強の1本」

TOUR 98XR-J「テキストリームテクノロジーのボックスフレームとO3構造がボールにパワーとスピードをプラス」
TOUR PRO 100T XR「エクストリームテクノロジーで、スピード・スピン・コントロールの3拍子揃ったオールラウンドモデル」

各ラケットのキャッチコピーを見ているだけで、わくわくしますねhappy02

試打の感想は、明日じっくりお伝えしますconfident

2014年10月 6日 (月)

台風一過

FTC森の里にも台風はやってきましたが、11:00前には雨も止んで、12:30からはレッスンがスタートしましたsun

台風一過でも、今日のみなさんの第一声は、

「よく雨が止んだねrain

でも

「なんだか暑いねsweat01

でもなく、

「いゃあ、錦織選手すごかったねcrown
が圧倒的に多かったですup

しろくまも泣きましたからcryingbleah

さて、午後からは、通常通りの営業に戻ったFTC森の里tennis

夕方は秋空に月がぽんと上がっていましたmoon3
14100602 しろくまのシルエットが変なのは…downwardleft

14100601 ハロウィン仕様になったからですscissors

カウンター上から、ひっそり、秋をお届けしていますwink

2014年10月 4日 (土)

Newシューズ到着!

プリンスのNewシューズ到着しましたshoe

グラスサンド・クレー専用 DPSZC10downwardleft

14100401 シックなブラック×レッドのデザインですup

オールコート DPSZA10downwardleft

14100402 華やかなレッド×ホワイトapple

今回のシューズは以下の技術を結集flair

oneNew セミボードラスティング

前足部から中足部をすべて吊り込み構造にすることで、ラスト形状を忠実に再現し激しい動きに追随する高いフィット感を実現。

twoPスプリング プロ
強い踏み込みにも対応した優れた衝撃吸収性と高い反発性を持ち、激しいフットワークをサポート。

threeRPUテクノロジー

ハードなフットワークを支える耐摩耗性と一体成形による高い屈曲性を両立します。また、メッシュ素材との組み合わせで、プレーによる靴内部の温度上昇を抑制。
four3Dスタビライザー

踵外側から中足部にかけて立体的なパーツを装着。さらに、踵内側にもカウンターを、中足部にはTPUプレートを搭載。トリプルサポートで今までにないホールド感と安定性を実現。

詳細はこちらでご覧になれますpc

今ならサイズが揃っていますので、ぜひ過去最高のフィット感をご体験下さいsign03

そして、次は新しいラケットの情報がsign02

こちらは詳細が入って来次第、お伝えしますconfident

乞うご期待ですwink

2014年10月 2日 (木)

武鑓コーチの充実テニス主義 (22)プレーヤーとコーチ

正式なコーチでなくても(正式なコーチの定義付けも難しいですが…)、誰かにアドバイスされると、そうせざるを得ないでしょう。

しっくり来ればハッピーです。

もしかしたら勘違いや錯覚を起こしているのかもしれませんが…(ひねくれた発言ですね())。

違和感や疑問があっても、とにかく言われた通りにやろうとするでしょう。

日本人の“サガ”かも知れませんが、素直に、実直に、従うのです。

ただ、テニスやスポーツに限らず、間違った、あるいはリスクの高い感覚を身に付けてしまったら、それを修正し改善して行くには、相当なエネルギーを必要とします。

的確な感覚を追う事が、非常に重要なのです。

「〇〇にこう言われて…」「〇〇にこう書いてあって…」等々よく耳にします。

言われないまでも、何かに影響を受けているのは、すぐわかります。

その状態で、ある程度思ったように打てて、動作の負担も少なければそれでいいのです。

ですが、
大体において、コントロールがおぼつかなかったり、ギクシャクしていたり、窮屈そうだったり、強引だったりしています。

言われた事に違和感や疑問があれば、質問をしてみてもいいはずなのですが、タイミングも微妙で、日本人の奥ゆかしさ、人のよさ、事なかれ主義が勝ってしまうのでしょう。

歯医者さんでの治療なら、違和感があれば、すぐ相談するでしょう?

テニスのコーチの力量が、一般的にあまりにも低いと言う事も、問題です。

プレーヤーは少しでもイメージしたプレーを目標としているのであり、そのもとでは、テニス人、みんな平等です。

プレーヤーとコーチ、共に試行錯誤し、様々にトライし、時には諸々と戦い、悔しかったり、楽しかったり、嬉しかったり、感心したり、お互いを尊重したり、同様にテニスに接し、取り組むのです。

1000分の4秒で飛びが決まるのですから、当然的確な緊張感も必要です。

理想論を言っているようですが、本来ごく当たり前な事なのです。

プレーヤーとコーチの関係は、平等でありながら、戦いでもあります。

緊張感を持って、
充実感を追って行きたいものです。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »