フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« レンタルコート空いてます! | トップページ | 武鑓コーチの充実テニス主義 (21)向き合う »

2014年9月17日 (水)

武鑓コーチの充実テニス主義 (20)錦織選手の活躍に思う

今回の錦織選手の活躍は、凄かったですね。

メディア/マスコミの取り上げ方も、株価への影響も、当然なのかもしれませんが、なるほどな…と思わされました。

ニュース的な価値だけでなく、テニスへの親近感やエキサイト感の根強さも、改めて感じました。

関係協会や業界関係者は、これを弾みにテニス愛好者の増加をと、当然考えます(私もそうですが…)。

ただ、辛辣ですが、テニスの面白み、楽しさ、醍醐味、考え方、見方、そう言った事が、的確に伝えられなければ、根付くようなムードには繋がって行かないのではないでしょうか。

決勝で敗れた錦織選手は、“ああ考えたのが良くなかった…、こう考えれば良かった…、あそこでこうできれば…、もっとここをこうしないといけない…、”等が去来し、悔しくてたまらなかったことと思います。

一方で、“また一層頑張ろう…”と前を向いたはずです。

多くのテニス愛好者の方と、全く同様、何ら変わりはありません。

彼は必死になって自分と向き合っているのです。

それは、皆さんだって同じです。

これは様々な事に通じます。

その上、テニスの場合、向き合う要素がさらに複雑なのです。

技術にしても、ストローク/ボレー/スマッシュ/サーブ/リターン/パス/ロブ/ドロップ/アングル、それにフォア/バック、またドライブ/スライス/トップスピン、諸々…満載です。

加えて、体力/運動能力、精神力。

また、風、雨、日差し、等もあり、向き合う要素に、事欠きません。

そして、誰だって、思ったように打ちたいのであり、ボールは打たれた通り、正直に飛んで行くのです。

錦織選手でも、皆さんでも同様です。

その向き合う事に、的確にトライし、それを楽しむ事が、本質と感じます。

関係者がその本質を大切にしなければ、愛好者の方には伝わらないのではないでしょうか。

自戒を込めてですが、錦織選手同様、向き合ってトライする事に頑張りたいものです。

« レンタルコート空いてます! | トップページ | 武鑓コーチの充実テニス主義 (21)向き合う »

武鑓コーチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469614/57409593

この記事へのトラックバック一覧です: 武鑓コーチの充実テニス主義 (20)錦織選手の活躍に思う:

« レンタルコート空いてます! | トップページ | 武鑓コーチの充実テニス主義 (21)向き合う »