フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月29日 (木)

5/31(土)レンタルコート空いてます!

5/31(土)レンタルコート空いていますsign01

1面は終日、12:00~18:00は3面利用可能ですtennis

第4週までは、年間契約のご予約でいっぱいなのですが、第5週は、空いている場合がありますwink

また、今週末は厚木市の「市民テニストーナメント」の真っ最中でもあり、ご利用が少ないのですconfident

料金・詳細は、HPでチェックpc

お天気予報も上々ですしsun、ぜひ、ご活用下さいsign03

2014年5月28日 (水)

VS ジュエインドアテニススクール町田 対抗戦

第9回 VS ジュエインドアテニススクール町田 対抗戦 開催しましたup

14052801 今回もFTC森の里は「モノトーン」カラーのウェアtaurus対するジュエチームは「グリーン」でしたclover

お天気にも恵まれ、各コートで熱戦が繰り広げられましたsun

14052802

29対戦をこなし、対戦成績は「18勝11敗」で“今回”もFTC森の里の勝利でしたcrownshine

文Cより「今日の対抗戦では特に、ゲームにも、各ポイントにも、流れがあり、それをモノにできるかどうかで勝敗が決まってくるなぁと感じました。その為には、やはり技術が必要なんですよね。そして、ゲームの経験も大切です。また企画しますので、ぜひ練習の場として活用して下さいsign03」とのことですconfident

ご参加のみなさん、お疲れ様でしたtennis

2014年5月25日 (日)

Dクラス

今日から、市民テニストーナメント大会のダブルスが始まりましたtennis

昨日、フロントでしろくまが耳にした会話ですear

Aさん「明日からダブルスだな」

Bさん「…ィ クラスは、若宮と荻野2会場に分かれてたよな」

Aさん「えっ、Dクラスsign02そんなクラスあったっけsign02

Bさん「Bクラスだよっangry第一、Cクラスまでしか無いのに、Dクラスってどういうことだよpout

Aさん「聞き間違っただけだよ…bearing

Bさん「そんなクラス感で、見てたのねっweepひどいわっcrying

後半、かなりしろくまの脚色が入ってはいますが、試合当日コートに立つ前から、戦いは始まっているのだなぁと、感じた場面でしたcoldsweats01

試合に出ている方々が、力を出せますようにup

フロントで一生懸命祈っていますconfident

2014年5月24日 (土)

武鑓コーチの充実テニス主義 (12)シングルスとダブルスの留意点

ゲームを楽しむポイントとして、出来る限り様々な事を把握し、それらを総動員して攻防にトライすると言いました。

シングルスでは、単純です。

1
1で、有利(追い込んでいる)、不利(追い込まれている)が分かりやすく、どちらかしかありません。

しかし、ダブルスでは極めて難しいのです。

2
2で、4人もいるのですから。

誰かはイケイケ‼ 誰かはタジタジ‼ 誰かはガクガク‼ 誰かはプンプン‼ もう大変でしょう。

「自分の所には飛んで来ないで~」と、青くなって祈っているケースだってあるでしょう。

そして、それぞれの力量
/総合力は? 

これらを把握した上でのペア対ペアの攻防なのですから、本当はとても難しいのです。

ペアが相互に理解し合い、協力して攻防に臨めればハッピーですが、おそらく稀でしょう。

自分の把握はそっちのけで、パートナーへの理解もないまま、指摘や要求ばかりを強いる。

悲しいかな、協力どころか、パートナーを追い込んでいるケースも結構多いはずです。

技術的にも、ダブルスの方が多岐で複雑な要素があります。把握はなかなか大変です。

よく「ダブルスのパターン、戦術を」と言った指導や要求がありますが、本来は、そんな単純な事ではないのです。

何かを試みたとしても、相手の力量によっては、
全く通用しないケースが多い事は、何となく感じておられるでしょう。

シングルスよりもダブルスの方が、把握すべき要素は格段に多く、複雑なのです。

この事をしっかり認識した上で、パートナーと理解
/協力し合って、攻防にトライしてもらいたいものです。

追い込む、追い込まれる、と言う表現をよく用いますが、「
ここで決めないと」「あそこに打たないと」「ここを取らないと」などと、過度に思い過ぎる事は、“自分で自分を追い込んでいる”事になるのですよ。

それらを少しでも回避する為には、自分を支える技術の向上が大切である事を、
改めて、付け加えておきます。


テニスのゲームにも、数人でのトランプやボードゲーム・麻雀、などと同じような側面がある
のです。

「あの人が余計な事をしなかったら…」「あの人が出してくれたから助かった…」こんなつぶやきは、コート上でもよく聞きますよね。

2014年5月22日 (木)

武鑓コーチの充実テニス主義 (11)試合(ゲーム)の考え方

試合が多くなるシーズンになりました。

誰だって目の前のポイントは欲しいもので、誰だって勝ちたいものです。

よく“ゲームを楽しむ”などと言いますが、なかなか大変なことだとは思います。

ポイントとしては、“ゲームなんてものは、有利か不利かイーブンかのいずれかしかない”
と言う点をよく認識した上で、トライしてみて下さい。

テニス、スポーツに限らず、カードでも、囲碁や将棋、チェスやバックギャモンでも、全て同じです。

その上で大切な事は、自分の事、相手の事、周囲の状況、等、出来る限り把握する事です。

とても難しい事で、永遠の課題とも言えますが、少しでもその方向で考えるべきです。

それらを駆使して、少しでも有利な状況を目指す。

そうした中でも、運みたいな事が起きてくる。

その駆け引きを楽しみ、トライするのがゲームなのです。

メンタル
()、テクニック()、フィジカル()、そしてキャリア(経験)、これらで総合力です。

それらを総動員して、有利
(追い込んでいる)、不利(追い込まれている)の攻防にトライしてみて下さい。

“ゲームを楽しむ”と言う事の参考にしてもらえればと思います。

ここで、シングルスとダブルスでの留意点があるのですが、次の機会に。

2014年5月21日 (水)

虹が出ました

降水予報レーダーを、文Cが希望的観測で読み間違って、レッスン途中で土砂降りになったりsad、降る降ると言われながら、武Cのレッスンは何とかレッスンはできる状態(降らなかった訳ではありませんがcoldsweats01)が保たれたりした、今日の空模様raincloudsun

今、虹が出ていますdownwardleft

140521 虹に懸けた願いは…「明日天気にな~れsign03」ですhappy02

2014年5月16日 (金)

みにくいアヒルの子?

しろくまもみじ園にはdownwardleft

14051601 こんなもみじが6本と

14051602 こんな植物が1本植わっていますbud

実は、種を蒔いた時、イマイチどの種がもみじかはっきりしなかったので、2種類蒔いておいたのですcoldsweats01

芽が出て(もみじは細ーい双葉、もうひとつは丸い双葉でした)、はっきりしたのですが、せっかく出た芽を放っておくことができず、一緒に植え替えてみましたwink

一列に「もみじ、もみじ、もみじ、もみじ、もみじ、もみじ」と6本来て「?」な植物が並んでいる様子に、フロントⅠさんから「“みにくいアヒルの子”みたいですねchick」とコメントがsmile

「じゃ、白鳥になるのかもっflair」と期待して、しろくまは今日も7本目にも水をあげているのでしたup

あの植物は、一体何者なのでしょうかsign02

2014年5月14日 (水)

武鑓コーチの充実テニス主義 (10)錦織君トップ10入り

錦織君がトップ10に入ったニュースは、とてもいい刺激を与えてくれますね。

ただ、決勝でナダルを相手にリードした所での故障リタイヤは、ショックであった事と思います。

“よくやっている”と言った自負の反面、“情けない/不甲斐ない”と言った意識もあるはずです。

マドリッドの決勝まで行ってもそう思っているはずなのです。

トップ10に入ったと言っても、今、次のトーナメントに向けて、体のケアや調整を 必死にやっている事でしょう。

トップ5を狙って、トライする姿勢を整えている事でしょう。

このような事は、試合にトライされている全てのプレーヤーの方に等しく当てはまる事です。

プレーヤーはみんな共通です。

トライする事が尊いのです。

加えて、トップのプレーヤーになればなるほど、よくわかっているはずです。

“レベルの高いライバルがいるから、自分もトライしようとするし、磨かれているのだ”と言う事を。

そうありたいものですね。

「左の臀部の故障」と言う事ですが、単純に体力とか調整とかトレーニングの問題ではなく、 その部分にリスクの掛かり過ぎる動作の偏りがあるのかな…とも感じてしまいます。

危険性のある部位ですし、熾烈な戦いを続けていますから、仕方ないのかもしれませんが…。

メンタル/技術/体力、そして経験、その総合力が実力です。

それらを駆使して、1000分の4秒の精度を追う訳ですから、幾らでも向上します。

プレーヤーはみんな同様です。

トライする事を楽しみたいものですね‼ 

頑張りましょう‼

2014年5月12日 (月)

しろくまもみじ園開園!

4/27に紹介してから、さらに6本に増え、順調に育ったもみじを、フロントYさんにお手伝いしてもらって、植え替えましたbud

14051201 さあ、うまいこと育ちますかどうかcoldsweats01

とりあえず、ここに「FTCろくま もみじ園」開園を宣言しますup

14051202 看板も作り直そうかなwink

もみじ鑑賞ご希望の方は、クラブハウス裏まで~maple

2014年5月11日 (日)

武鑓コーチの充実テニス主義 (9)“構え過ぎ”の理解

ストローク、スマッシュ、サービス、当然構えないと打てないのですが、最も重要な目的は、少しでもボールをクリアにヒットする事です。

その為の構えなのですが、そちらに神経とエネルギーを注ぎ過ぎ、
肝心な“クリアにヒット”する事を台無しにしてしまうケースが、とても多いのです。

「丁寧に」「早く」構えているつもりなのにミスヒットしてしまうのは、意識がそちらに行き過ぎてしまうからです。

1000
分の4秒の感覚をとらえる事を、邪魔してしまっている訳ですね。

“チャンスボール”などと言われるようなボールをミスしてしまうのも、その為です。

よく“飛んでこない…”などと、さも相手の方が悪いようにぼやくケースがあるでしょう。

気持ちはわかります。私でもイライラするような事は何度となくあります。

でも、要は、きちんとヒットできればいいのです。

構え過ぎて反応できなくなってしまっているケースがほとんどです。

“足が動いていない…”などと反省しているケースも多いですが、これもほとんどが構え過ぎで、
ヒットのイメージが消えてしまっているせいであって、足の動きのせいではありません。

構えに意識が行き過ぎる事は、非常に危険なのです。

それを強調し過ぎる指導も支持できません。

ヒットする為の構えですから、まずヒットの所を大切にして下さい。

自然でスムーズな構えと言う事は、とてもデリケートで難しいものなのですよ…。

2014年5月10日 (土)

キングサリ満開

昨年ご紹介した黄色い花「キングサリ」がフェンスの向こうで満開ですdownwardleft

140510 昨年と比べて、こんなに咲いているのは…大雪の影響sign02と思ってしまうのは、しろくまだけでしょうかcoldsweats01

黄色が晴れた空に映えますねchick

今日もいいお天気sun

気温は上昇していますが、湿気が40%と低く、爽やかですconfident

まさに「テニス日和」の週末ですtennis

2014年5月 9日 (金)

初夏の森の里

今日も快晴のFTC森の里sun

フロントでのプレーヤーさん方のご挨拶が「今日は暖かいね」から「暑くなりそうだね」になってきましたsweat01

ちょうど12時のコート上はdownwardleft

140509 38℃coldsweats02

でも、湿気が少なく、風があるので、プレーすると程よく汗ばむくらいですtennis

今週末から「厚木市テニストーナメント大会」も始まりますねflair

レッスンの振替にも、レンタルコートにも、まだ空きがありますsign01

試合のアップ、または試合後のクールダウン(もしくは欲求不満解消smile)に、FTCに来ませんかsign02

2014年5月 8日 (木)

プライベートレッスン体験キャンペーン

ゴールデンウィークに開催しました「プライベートレッスン体験キャンペーン」flair

好評に付き、期間を5月いっぱいまで延長することにしましたup

140508 ふむふむeye

各曜日、指定時間内であれば、通常料金20分\2,880-のところ、 \1,080- で受講できるんですsign03

お得ですsign03sign03

期間中、お1人1回までではありますがconfident

詳細はHPにてチェックwink

FTC YAMATO でも5月いっぱいキャンペーン実施中ですtennis

この機会に、一歩踏み込んで技術を磨きshine、総合力UPを目指しませんかsign02

2014年5月 5日 (月)

シングルス道開催!

「第4回 文コーチのシングルス道」開催しましたsign01

14050502 小雨が降っても平気rain

14050503 今回は全員女性でしたheart04

そして集合写真がこちらdownwardleft

14050501 文C後ろに誰もいないのに中腰ですねcoldsweats01

カメラマンはもちろんこの方、「笑いの神様の使い」フロントYさんcamera

「文Cが小さくなってるなあ…と意識はありましたが、そのまま撮りましたhappy01」とのことconfident

気が付いたなら、教えてあげて下さいねっwink

文Cより「今回は参加人数が多かったので(文Cを含めて10名。総当たりで45試合をプレーしました)、3ゲーム先取(2-2で7ポイント先取タイブレーク)という特殊な形式を採用しました。1ゲーム落とした時点で、かなり結果に響いてきます。じっくり追い上げることはできませんが、試合の“出だし”からしっかり入るという、緊張感の高いゲームになったと感じました。今回はリタイアも無く、最後まで全員が戦い抜いた点も良かったと思います。また参加したいとの声も頂きましたので、次回も企画します!」とのことですflair

ご参加のみなさん、お疲れさまでしたsign03

2014年5月 4日 (日)

いい季節です♪

駐車場からクラブハウスに向かうスロープではdownwardleft

14050401 つつじが咲き始めtulip

コートへ向かおうとクラブハウスを出るとdownwardleft

14050402 眩しいほどの緑に迎えられますclover

その中で、「ほう葉味噌」などに使われる「朴ノ木」が今満開ですdownwardleft

14050403  水連に似た、白い大きな花ですconfident

コートから山を眺めるとdownwardleft

14050404 まさに「山笑う」flair

輝くような初夏の森の里shine

過ごしやすい季節にテニスはいかがですかsign02

2014年5月 1日 (木)

武鑓コーチの充実テニス主義 (8)魔球/フォロー

前回、皮肉っぽく、“魔球”と言う事を取り上げました。

偉そうな事を言いましたが、冷静に考えると、私も“魔球”を相当打っています。

プレーヤーならば、コートに立てば、イメージした球筋で打ちたいものです。

ただ、9割がたイメージに近くヒットできるプレーヤーは極少数でしょう。

8割方でも少数かもしれません。

打った瞬間、変な当りをした感覚は、ある程度判ると思います。

ボールを何とか(操作)したいのですが、同じように何とか(操作)はできないのです。

ボールとストリングの接触時間は、1000分の4秒前後であり、その一瞬を、 同じように何とか(操作)する事は、不可能なのです。

そのプレーヤーのできる限り自然な動きで、一定の扱い感(回転)が出るのが基本であり理想です。

大切なのは、スムーズなヒットと、いじったりねじ込んだりの不自然や強引なヒットとが、 区別/認識できているかと言う事です。

自覚できていれば修正も可能でいいのですが、無意識、ともすれば、強引なショットの方が良いと 思っているような方がおられます。

ボールを何とかしてやろうとしても絶対に無理(不可能)であり、尚且つ、怪我や故障のリスクが 高まるのです。

本能的に感じてはいるので、面白くないでしょうし…。

自然にスムーズにヒットする事を、心掛けるべきです。

判った上でのいじり/ねじ込み/強引は構いません。

運動能力は当然低下しても、取れる範囲は幾らで精度よくヒットできますからトライして下さい‼

無意識、自覚や認識の無い“魔球”は、くれぐれもご用心下さい‼

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »