フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

行楽のかほり♪

FTC森の里に隣接する「七沢森林公園」には、手ぶらでバーベキューができるバーベキュー場があるそうなんですrestaurant

お天気のよい昨日・今日あたりは、FTC森の里上空までバーベキューのにおいが漂ってきますdelicious

すると、ある方が「バーベキュー行ってきたから」と、しろくまにアルミホイルの包みを届けてくれましたhappy02

わくわくしながら、アルミホイルを開けてみると、中から「焼いたお肉、焼いたソーセージ、焼いた野菜、炭火焼き、はしゃいだ感じnote…」要するに、「THE バーベキュー」の“かほり”がどっと流れだし、その後ろから顔を出したのは「大判焼き」sign01

もちろん、大判焼きはその“かほり”をぱんぱんに吸い込んでおり、姿は大判焼きでも、既に別物coldsweats01

ひとつを頬張って「ああもう、しばらくバーベキュー行かなくていいなぁsmile」という気分になったので、武C・文C・フロントIさんにも「行楽のかほり」を分けてあげたのでしたconfident

大判焼き、ありがとうございましたheart02GW初めにして、ひとつイベントをこなした気分のしろくまですup

2013年4月28日 (日)

端午の節句仕様

我らフロント男子3人衆scissorsdownwardleft

130427 凛々しいでしょsign02

気が付けばもう4月も残すところ数日sweat01

慌てて端午の節句仕様にしましたshine

2013年4月26日 (金)

山笑う

俳句の春の季語に「山笑う」という言葉がある、と友人から聞きましたear

検索してみると…「春の山の草木が一斉に若芽を吹いて、明るい感じになる様子をいう」とありましたpc

今まさにdownwardleft

130426 笑っていますhappy02

鹿の群れが歩きながらお食事中でしたが、今はどの草木を食べても「若葉のサラダ森の里風」で、大変おいしゅうございましょうねrestaurant

2013年4月25日 (木)

言いまつがい再び

ラケットの注文が入りましたtennis

文C「ブラック100、G2、グリップテープ黒、Pマーク無し、プレミアLT17を47または48Pで」

フロントYさん「…(無言でメモを取りmemo)注文は…グローブライドでいいんですよねsweat01

文C「他の取引先にラケットは売っていませんからangry

ラケットの注文書を作成し、その後月極め駐車場関係のFAXを「URリンケージ」に送信したYさんcoldsweats01

注文書を文Cに確認の為に見せながら一言。

「では、グローブリンケージに送っておきますdog

一点の曇りもなく、一生懸命仕事に情熱を傾けているYさんに、文Cは訂正することができませんでしたとさbleah

2013年4月22日 (月)

GW・FTC YAMATOイベント

来週は「黄金週間」ですねshine

FTC YAMATOでは以下のイベントを企画していますdownwardleft

4/29(月・祝) FTC1day中級MIXダブルスリーグ(13:00スタート)

5/3(金・祝) FTC①1day中級ダブルスリーグ(男子9:00スタート、女子13:00スタート)

参加資格は「初勝利を目指すペア、経験値アップを図りたいペア」となっていますから、試合経験の浅いプレーヤーの方にオススメですsign03

まだどちらの種目にも空きがありますので、ぜひ、ご参加下さいtennis

詳細な要項はこちらでご覧になれますpc

2013年4月21日 (日)

文コーチのテニスコラム㊿バランスのよい反省を

ここ数日、横9.5cm×縦3.5cmの広告を作成していました。

スペースに限りがある中での、アピール。

FTCの長所、伝えたいところを書き出して、配色やイラストでインパクトを付けて…と工夫する過程で考えさせられました。

ご自分のテニスの長所、挙げられますか?

4月になり、各団体の試合が始まったので、試合結果そしてその反省を、耳にすることが増えました。

たくさんの方が参加する中、優勝するのは1人または1ペアですから、大抵は負けて終わります。

負けたのだから…と反省することは大切ですが、「何度やっても絶対その相手にはもう勝てない」ぐらいの勢いで、上手くできなかったことを列挙する方が多いのです。

実際、手も足も出なかったゲームもあるでしょう。

でも、よくよく聞いていくと「デュースまでは行った」「チャンスボールが来たのに決められなかった」など、惜しいゲームやポイントが出て来ます。

もっと、ここがよかった、これができたという感想があってもいいのではないかと感じます。

それは、日々の練習でも言えるかもしれません。

いい感覚でのヒッティングができているのに、そこに焦点が合わないプレーヤーがいます。

どうしてもミスヒットや思ったようでないプレーに集中して、それを直すことに必死になってしまうのです。

短所を自覚するのも必要ですが、長所を知っておかないと、冷静にご自分のプレーをとらえることはできないでしょう。

どちらかというと、マイナス思考(笑)の私は、広告を作成しながら、冷静に物事を分析するには良い面・悪い面をとらえるバランスが重要だと学んだり、みなさんの反省を受け止めながら、基本的に反省モードでプレーをするのはよくないぞ、と自分にも言い聞かせたりしています。

コラムを書きながら、一番勉強させてもらっているのは、私かもしれませんね。

2013年4月18日 (木)

思うべな♪

今日、しろくまがクラブハウスコート側出入り口を覗くと…そこにはwobbly

「今日は、よく見るなあ。トカゲ。それにしても、ずいぶん大きいし、手足が無いね…おおっとこいつはsweat01sweat01sweat01

ヘビでしたcoldsweats01

文Cが「砂落とし棒」で山へ追い払いましたscissors

どんなに深く眠っていても、この陽気sunでは「春が来たなと思うべなnotes」と、春を満喫するべく地表に出て来ちゃいますよねwink

2013年4月14日 (日)

厚木市クラブ対抗

昨日より、厚木市クラブ対抗が開催中ですtennis

FTC森の里からも、厚木市テニス協会に登録しているプレーヤーより募集した有志が出場…と言ってもなかなかメンバー数が集まらず、ようやく全種目なんとか揃った感じで、ですが…しましたcoldsweats01

優勝したクラブは神奈川県のクラブ対抗への代表になります。その種目数に揃えていることもあり、全てダブルスで男子は65歳以上・55歳以上・45歳以上・一般、女子は55歳以上・45歳以上・一般の7種目、合計14名が必要です。

幅広いメンバー層が無いと勝てない仕組みになっているのです。

聞いたところでは、年齢別の選手がいない団体は、最初からその分を棄権して、相手にポイントを渡した状態で、対戦をするのだそうです。

FTC森の里は、残念ながら1回戦3-4(惜しいsign03)で敗退でしたbearing

ご参加のみなさん、応援に行って下さった方、お疲れさまでしたconfident

Photo

*写真提供・厚木市テニス協会様より

2013年4月13日 (土)

Newボール

レッスン使用ボールが、昨日からNewボールですshine

13041301 

新緑まぶしい山々をバックに

13041302 気持ちよく飛ぶボールの音が響いていますup

2013年4月11日 (木)

耳もいい

ここ数日の強風typhoonで、コートに桜の花びらの残骸(乾燥して茶色い粒状になったsad)が降り積もっていますwobbly

風が収まった今朝、武Cがブロアーを全開で使用していますdash

「ぶぅぅぅぅん」という音とともに、コート隅へ吹き飛ばされていく細かいゴミ。

その丁寧な仕事ぶりに、ブロアーの音で聞こえない後ろ側から「武C、そんなにきっちり掃除しても、またすぐ風が吹いて、花びら降ってきますよ~」と“小声で”言ってみましたsmile

と、突然ブロアーを止め振り返る武C「何か言った?」coldsweats01慌てて首をふるふる振るしろくまsweat02

またブロアーを使い始めた背中に「って、文Cが言ってましたよ~」とつぶやいたところを文Cに見つかり、こんな姿にbearing

130410 なかなか貫禄あるじゃないですかup

これは、前出の「上溝桜」の花の残骸ですcherryblossom

ボールにつく、ヒゲのようなものの正体ですcat

2013年4月 8日 (月)

ウワミズザクラ(上溝桜)

クラブハウス駐車場側入り口付近で、白い花が満開ですcherryblossom

130408

「コーチ、この花なんていうの?」と聞かれて困った武Ccoldsweats01

しろくまに検索依頼pc

ぱたぱたぱた、てんっsign01出ましたsign03

ウワミズザクラ(上溝桜)」だそうですflair

確かに落葉樹だし、咲く季節が同じではありますが、桜とはびっくりですcoldsweats02

入口付近に3本もありますup

名前が分かるとちょっと愛着が湧きますねhappy01

2013年4月 7日 (日)

やもりん♪

気温がどんどん上がり、春真っ只中と言った感じの近頃tulip

クラブハウスやコートで見かける「黒い影」や「黒い点」が生き物である確率が、“ぐん”と上がりましたup

昨日も、更衣室の壁に3cmほどの黒っぽい影が…と思ったら、久々に見る「ヤモリ」でしたwobbly

「屋守」と書かれる場合もあるそうで、なるほどクラブハウスの中でだけ、よく見かけますeye

昨日は午後からの雨で、更衣室には暖房が入っていましたが、温風の吹き出し口近くで

「ああ、あったか~いhappy02春が来たのね~cherryblossom

と冬眠明けの(ただでさえとろとろのそのそ動くのに)寝ぼけた様子で暖を取っていましたcoldsweats01

爬虫類ですから、嫌いな方も多いと思いますが、“やもりんくん(やもりんなんて言うと、以前に頂いた北海道のおいしいお菓子「もりりん」を連想しますねwink)”はなかなか愛嬌があるんですdog

でもしろくまは、エアコンで温まっている態度は、野生の生き物として間違っとるangryと思い、すぐに、スイッチを切りましたけどねsmile

2013年4月 6日 (土)

鍵師…?

女子トイレの鍵の調子が悪く、文Cが分解して修理をしていますkey

FTCにある種類の少ない工具を使い、恐る恐る分解する途中で、小さい部品を無くしたりしながらもcoldsweats01、フロントYさんに励まされながら(「文Cすごいsign01きっとできます(その根拠は?think)」)なんとか修理完了shine

午後のフロントIさんにも「文C何でもできますね~happy01」とホメてもらいながら「私はいったいドコへ向かっているんでしょう…ふぅ…gawk」深いタメイキをつき、遠い目をする文Csweat02

そりゃあ…目指せ多才な(歌って踊れるsign02)テニスコーチでしょうnote

2013年4月 5日 (金)

新緑

駐車場からクラブハウスへ向かうスロープ上側の山では、新緑がまぶしいほどですbud

13040403 木々の間にぽつんと半月moon2

今日は、森の里小学校・中学校の入学式shine

レッスンに来た方たちが口々に

「着物姿の父兄を見掛けたわっsign01

「ピンクのワンピースを着た新1年生を先頭に、両親、続いて兄弟、祖父母2セットのご一行が横断歩道を渡っていたんだけど、もうかわいいのっlovelyお母さんの服がっっsign03」(そこですか…coldsweats01)

と目撃談を披露していましたwink

中学校からは、切羽詰まった様子の「入学式の…を用意する係っsign01至急体育館へ来なさぁいっsign03」なんて放送も聞こえていましたhappy02

桜は終わってしまいましたが、新緑に祝福されてのハレの日ですねclover

2013年4月 4日 (木)

花散らし

花散らしの雨が往き、今朝のコートは…

13040401 見事に水玉模様shine

今日も強風でtyphoonレッスン中もプレーヤーの視界を、花びらが横切っていきますcoldsweats01

13040402 Dコート北側の山桜から風が吹く度に、花びらが散るというより、舞い上がっているのが見えますup

桜の季節も終わりねconfident…と思っていましたが、全て散るまでにはまだ時間がかりそうですcherryblossom

2013年4月 1日 (月)

文コーチのテニスコラム㊾言っていません

よく「打点が前で取れないのは、テイクバックが遅いからですよね」と聞かれます。

「テイクバックが」という発想に行ってしまった時点で、次回も打点が遅れる可能性は高くなってしまいます。

今まででも「テイクバックを早く」と考えたことはありませんか?

それでうまくいきましたか?

「テイクバック」は打点を取る前の動作です。その動作を考えてやっていると、打点を取る意識が下がります。

結局、打点が遅くなる可能性が高くなるのです。

FTCのレッスンで「早く引いて」と言うことはほとんどありません。

他にも「ボレーでは打点でラケットを握るんですよね」ともよく聞かれます。

握りません。

握ると、面がブレることが多いですし、扱うことが難しくなります。

「早く引いて」も「打点で握る」も「膝を曲げる」も「押す」も、FTCレッスンではほとんど出て来ない言葉です。

私たちが一番よく口にする言葉は「どこでどう」です。

打点の位置と面の向きに意識を持って、そのことだけを追うと、自然にテイクバックも膝の感じもそれに合った動きになります。

打点のイメージを追うのは難しいことです。

でも、現在ラリーができている方は、その精度の差はあっても、ラケットに当てるイメージを持っています。

そのイメージをいっぺんに前の位置にするのは難しいですが、少しずつ意識を持って前にまとめていきたいのです。

私たちが伝えたいことを、言葉の通りに、聞いて頂けたら…と切に願っています。

禅問答のような言葉使いだと、私も思います。

わかりにくいことは、ぜひ質問して下さい。

このコラムもその手助けになればと続けています。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »