フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2017年7月24日 (月)

ストリング張替キャンペーン、ラストスパート!

ストリング張替キャンペーンの終了まで、残すところ、後1週間となりましたsweat01

現在は、ご依頼も落ち着きつつありますconfident

張上がりは8月に入ってからご希望でも、ご依頼が7/31までなら、キャンペーン対象ですup

ステンシルマークも、プリンスの定番「Pマーク」を始め、FTCオリジナル「Fマークtennis」「イルカfish」「しろくまの足あとfoot」「ハートheart01」各種、好評ですwink

FTCプレーヤー限定のキャンペーンですが、積極的な名義貸しcoldsweats01を推奨していますので、ご友人のお名前でも(もちろん、ご了承頂いていることが前提ですがhappy01)、ご依頼頂けますsign01

ぜひ、この機会に、ストリング張替をしませんかsign02

2017年7月19日 (水)

落し物

Aコートでレッスンをしていた、文Cが、慌てた様子で、フロントさんを呼んでいますcoldsweats02

そして、フェンス越しに、何か小さなものを渡しましたeye

それが…downwardleft

17071901 こちらflair

17071902 「大黒天」ですsign01

文C「ネット近くの砂の中に、キラキラする物があったから、拾ったら神様で、このままどうすることもできず、フロントさんに持って行ってもらうしかなくて…sweat01

しろくま「よく、こんな小さなものに気が付いたねgood

文C「あのコートで、7年くらい前に、ピアス落としたことがあるからgawk光るものに反応しちゃうのねsmile

7年って、コート改修前だし、まず見つかる訳ないのに、まだ反応しちゃうんだ…ねcoldsweats01

大黒天、お心当たりの方、フロントで丁重に、お預かりしておりますconfident


2017年7月17日 (月)

第17回 シングルス道 開催しました!

第17回 文コーチの 「シングルス道」開催しましたup

参加者のみなさんdownwardleft

17071701 今回は9名がご参加ですhappy01

私を含め、10名での3ゲーム先取リーグ戦を行いましたtennis

試合の様子は…downwardleft

17071702_2 いいお天気ですsun


17071703 ただ、湿度が高くcoldsweats01

17071704 もう、みなさん汗だくですsweat02

17071705 幸い、体調を崩す方は無くconfident

17071706 最後まで、シングルスを楽しみましたshine

17071707 暑さのあまりsweat01

17071708 多々名言(迷言)が生まれましたがsmile

文Cより「昨夜が、ウィンブルドン男子シングルス決勝で、イメージトレーニングは完璧なまま、今日を迎えていた方もいたのではないでしょうか?私は、淡々とプレーすることで、プレーの精度を保っているタイプですが、時々、熱くなりすぎてしまうこともあります。まだまだ修行が足りないなあと、今日も度々思いました。また、企画しますので、ぜひ、ご参加下さい」とのことですwink

ご参加のみなさん、お疲れさまでしたsign03

2017年7月15日 (土)

イベント追加♪

8月のイベント、追加になりましたup

tennis  8/11(金・祝) FTC チャレンジマッチ ’17

tennis  8/14(月) FTC ばんびカップ ’17夏tennis

tennis  8/30(水) 第14回 VS ジュエインドアテニススクール町田 対抗戦

170715 クラブハウスのドアに注目sign01

詳細は こちら でもご覧になれますpc

奮ってご参加下さいhappy02

また7/1~30まで絶賛開催中の「ストリング張替キャンペーン」、今日がちょうど折り返しですflair

気温も上がってきましたから、ストリング緩みがちですsweat01

張上げ直後のストリングは打感が違いますwink

ぜひ、この機会に、張替ご検討下さいconfident

2017年7月10日 (月)

高温ですが…

今日は、いいお天気でしたねsun

正午のコート上の温度は…downwardleft

17071001 45℃coldsweats02

でも、湿度が低いので、風が通れば、比較的smile、爽やかでしたwink

体調に留意しながら、みなさん、テニスを楽しんでいましたよtennis

2017年7月 3日 (月)

夏のイベント♪

第17回 文コーチの「シングルス道」開催しますsign01


17070201 7/17(月・祝)ですsign01

詳細はこちらでチェックpc

ブログでのお知らせが遅くなってしまったので、募集定員まで、残りわずかとなっていますcoldsweats02

参加ご希望の方は、FTC森の里フロントまで、お急ぎ下さいsweat01

そしてdownwardleft

17070202 7月恒例、「ストリング張替キャンペーン」開催中ですsign03

ぜひ、この機会に、「夏テンション」に張替しましょうtennis

2017年6月25日 (日)

プチプチ七夕祭り始めました♪

今日、フロントFさんが笹を宅配してくれて、本日より、小さな小さな「七夕祭り」開催中ですhappy02

細々と、飾り付けをし…downwardleft

17062501 雰囲気はばっちりですshine

もちろん、短冊もご用意していますsign01downwardleft

17062502 無記名でも、ばっちり名乗ってでも、どちらでも O.Kですので、ぜひ、お願いごとを笹に掛けて下さいconfident

しろくまは、季節ものが大好きなので、はりきって飾り付けをしましたし、お願いごとも、書きましたよ~sign03

2017年6月23日 (金)

6月の森の里

6/21(水)は…downwardleft

17062105 1日コートが水没する程の雨でしたrain

さて、梅雨は雨が多くていた嫌だなあ…とも思いますが、森の里では、そこかしこで、アジサイが満開ですdownwardleft

17061501

17061503

17061504

フロントFさんのお散歩に、ついて行きましたhappy02

17061502 うふshine

季節ごとに、咲く花を楽しめる、森の里なのですup

2017年6月21日 (水)

武鑓コーチの充実テニス主義 (69)頑張り

前回、「嫌になる」をテーマに書きました。

「嫌になる」をまとめていた時に、その原因が浮かび上がってきました。

それは「頑張り」です。

全てのプレーヤーは、頑張って練習し、トレーニングし、摂生します。

少しでも、パフォーマンスの向上を目指して「頑張る」のです。

「そこそこ遊べればいい」と言う方も、プレーがまとまらないと、やはり「嫌になる」でしょう。

多かれ少なかれ、プレーヤーは「頑張り」ます。

ただ、繰り返し、一貫して言っておりますが、ボールとストリングの接触している時間は、1000分の4秒前後であり、その瞬間に、ボールの行方は決まってしまうのです。

ですから、そのボールのとらえを、「タッチ」「感覚」と言います。

テニスの上達の根本は、「タッチ(ボールをとらえる)の精度を向上させる」ことで、その為に頑張り、トライするのです。

その「タッチ」を構成する4要素の第一は「打つ位置」であり、加えて「面の状態(扱い)」「バランス(特に左右の使い方)」「経験」です。

非常に繊細で、難しく、厳しく、そして面白いものなのです。

しかし「頑張り」どころを取り違えると大変です。

厄介な事に、ある程度、体力的な意地と根性の「頑張り」で、ボールを何とかコントロール出来てしまうことがあります。

その経験から「これ位のプレーはできる」と、危険な錯覚に陥ってしまうのです。

明確なタッチを持っていないと、少しずれただけで、思いもよらない方向に飛んで行ってしまいます。

「ボールをとらえるのは1000分の4秒」で、ほんの一瞬だという原理原則の把握が甘いと、体力的に、意地と根性で頑張ってしまいがちです。

でも、それでは、思ったようにボールはコントロールできません。

そして、さらに、体力を駆使して「頑張り」、疲れ果てて「嫌になる」。

こう言った方向に行きがちとなってしまう訳です。

1000分の4秒ですから、そのとらえの精度向上に、冷静に、的確に、頑張らないと、直ぐ、ぐちゃぐちゃになってしまいます。

トッププロでも同様です。

体力的に頑張っても頑張っても、イメージしたパフォーマンスにならない。

皆さんでも、錦織君のプレーを見ていて、そう感じる事はありませんか?

精度を向上させる為に、頑張り、トライすると思うべきです。

体力的に、意地や根性で頑張り過ぎると、最も大切にすべき「タッチ」「感覚」を、損ない、悪化させてしまい兼ねません。

年齢と共に、当然、運動量は低下します。

ただ、1000分の4秒の精度ですから、その精度さえ追うことができれば、必ず技術は向上します。

的確に「頑張り」、トライできれば、「嫌になる」事は、軽減できますし、避けることもできます。

テニスを、プレーを、真に、長く、生涯に渡って、楽しむ事がきっとできます!!

大切に考えて、取り組んでみて下さい!!

不適格な「頑張り」は、「嫌になる」の原因ですからね!!

2017年6月16日 (金)

武鑓コーチの充実テニス主義 (68)嫌になる

昨日、ネットニュースの見出しに、“伊達公子、25歳突然の引退の本当の理由は「テニスが嫌だった」”とあったのが、目に留まりました。

とあるテレビ番組のインタビューで語ったとか。

「今更、こんな事が話題になるんだ…」と、直感的に感じました。

皆さんも、「もう嫌だ」「コートに立ちたくない」、或いは、「あの人と組みたくない」「あの人の顔も見たくない」等、これまでに、いくらでもあったでしょうし、これから先も、あるかもしれません。

プロのプレーヤーに限らず、様々な年代で、様々なスタンスで、テニスをしている方にも起こることだと思います。

世界のトッププレーヤーであれ、愛好者であれ、夢を抱いたジュニアであれ、同様に、ちょっとした事で、嫌になったりするものです。

現在の錦織君でさえ、持ち堪えていますが、体の状態にも不安があるように見えますし、プレーでも、この所、ラケットを折ってしまう回数も目立ちますね。

先日引退会見をした、ゴルフの宮里藍さんも、辛い時期が長かったかもしれません。

あらゆるスポーツ、また、スポーツに限らず、日常の様々なシーンにおいても、多かれ少なかれ、ある事だと思います。

本人の問題でもありますが、周囲の環境も、大きく影響することです。

サポートする立場の者としては、常に気をつけなければいけません。

試合に出る出ないは別として、“テニスを楽しむ”と言う根本を認識し、的確にサポートできる指導者が少ないのも事実であり、問題でもあります。

1000分の4秒の瞬間に、ボールの行方は決まります。

それを自覚し、トライし、楽しめれば、「嫌になる」事を減らせるのになあ…と、今日もコートで考えています。

嫌になってしまった方、嫌になりそうな方、FTCでレッスンをしてみませんか?

«市民テニストーナメント運営日♪